Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

2009年01月の記事一覧

冬号、発行です。

2009.01.31
M(Don't cry,girls)です。

本日、季刊誌発行です

夕方、編集部に到着しましたー♪
毎度、この、梱包を開けるときのドキドキ感。
・・・たまりませんね(笑)

印刷をお願いしている方(いちははさんです)と、原稿のやりとりをするので、当然誌面の構成などは自分でも把握しているのですが、それがこう、ひとつの冊子になってできあがって、手元に来る、というのはまた・・・格別です。

今回の表紙と扉は、これ。

fuyu

夏、秋号とはタッチをちょっと変えてみましたが・・・。
いかがでしょう。


予告編でも少しだけご紹介しましたが、
大神雄子選手の特集では、大神選手の幼い頃の写真や、ご両親のコメントなど
BB.Lifeならではの視点、満載でお送りしています。

そのほか、インカレ、
BB.Life企画、WE LOVE BASKEBALLでも活躍してくれた、慶應義塾大、国士舘大の快進撃の様子、思い出すだけで(って、私が、ですが笑)、そのリバウンド、ルーズボールにいまだじーんとくる、国士舘大キャプテン、寺嶋徹選手のインタビューなど

もりだくさんの内容です。

そうそう、今明かされる、

巨匠ってだれ!!クイズ(笑)
お住まいとペンネームで、すぐわかってしまいそうですが・・・。

Bさんの、バスケットボール紀行、九州は『大分・福岡・延岡編』も、どうぞお見逃しなく!!




・・・という感じで・・・
がんばってテンション上げめでご報告しましたが・・・

今日は、中学、冬季大会の初日。
『よりみちでちょうどいい』 に書かせていただいているチーム、女子が接戦の末、1ゴール差で負けてしまい・・・。

悔しさ満開。

くっそーーーっ!!



あ。
すみません。

明日は男子。がんばります。

申し込み方法などは、明日、また。

これまでに、年間購読のお申し込みをいただいている方々
発送準備、ほぼ完了しています。
明日(2月1日)夕方、第1便をメール便にて発送します。

お届けには2,3日(遠方の方はもう少し)かかると思いますので、
どうぞ、楽しみにお待ちくださいね。

師匠に習って

2009.01.28
B@今日はホッキ飯(笑)


影をテーマに追い求めている師匠に習って、私もトライしてみましたよ。
師匠の写真には遠く及ばないのですが。

kage

単なるシルエット? かも(笑)


どうでしょうか?
冬号の扉を撮られた大井さんにご意見うかがいたいですわん。
師匠は個人的写真集に続いて、今度個展をするらしいです。


日本全国 リングのある風景
皆さんのプレイグラウンドや、自宅のリングなどの写真もどしどしお寄せくださいねー。

できれば、写メではなくデジカメで撮った写真、画素なども大きいほうが掲載するにはキレイです。
プリントしてあるものでもOK。写真とコメント、あなたの名前と連絡先を明記して、

bb_life2008@yahoo.co.jp
までメールにて送ってください。待ってます。

プリントの場合は、恐れ入りますが、編集部まで郵送にて送付をお願いします。


また、リングだけではなく
時代を感じさせる写真やエピソードなどもあったらうれしいです。


例えば‥
実は、日曜日に某所に出かけて第1回日本リーグのプログラムを見せてもらい、
当時試合に出ていた人のお話をうかがうことになっているんですよ。
楽しみ、楽しみぃ。


【おまけ】

ということで、ホッキ飯。初めて食べました。

hokki-meshi


煮すぎない程度のやわらかく半レアで炊かれたホッキ貝と貝柱がどっさり。
ご飯は寿司飯ではなく、ホッキ貝を煮た汁で炊いてあります。
美味しい!!

茶碗蒸しと、玉子10個使った特大玉子焼きとともにいただきました。
玉子食べすぎ(笑)

冬号予告 冬、間に合った?

2009.01.27
B@港街・シェヌーに癒されました(笑)


先々週末にラストの原稿を終え、昨日無事に冬号校了となりました。
なんたって、早くしないと冬が終わってしまう~~危機感がMさんともども。
無事今週末には間に合う、よね(笑)


って、もう春号の準備に入らないと‥(汗)


すでに既報のように、シンの特集もそうですが、今回は見応えある写真がポイントです。
私的には、扉の写真がお気に入り。
そして、何より“あの”巨匠の投稿があります。

kyosho
巨匠の作品。あっ、もちろん掲載されているのはバスケットボール関係ですけどね。

ふふふ、お楽しみに。


【シンの公式サイト】
そうそう、ファンの人には常識だと思うんだけど、JOMOのサイトとは別にシンの公式サイトがあります。
大神雄子.com(公式サイト)
こちらも要CHECKで!

前回Mさんに振られた、シンと志村のことについてですが、共通点が何かわかりますか?
そう、名前に同じ“雄”の文字があることですよね。
ともに、父、母が教員で指導者(シンママはバレーボールの選手でした)ということもあり
仲がいいんですよ。それで、LAに行った時も試合を見に行った時、Basketball Lifeを渡してくれたんです。

シンは、両親の故郷・徳島の牟岐つながりで木村兄弟(弟は洛南~拓殖大の木村昂)
とも小さいころから仲良しでもあります。



最後におまけ、本日のシェヌー。
kaki
これで前菜1人前、6個も。奥松島の牡蠣、ジュレ添え。

desart
ココナツ、イチゴ、林檎のシャーベット。これで締めだと思ったら‥まだ
別にケーキが出てきて、3種類選べとな(笑)
朝早く起きて、出かけたかいがありました。帰りの電車はもうくにゃくににゃ。

これで、今とりかかっている別件のお仕事も頑張れそうです。

*季刊誌 秋号、創刊号は在庫がございます。冬号もまもなく完成。
引き続きご注文をお受けしています。詳細はこちらをクリック↓

秋号と申し込み方法について
エコバッグ&創刊号について

冬号予告 大神選手と手甲その2

2009.01.21
M(肩に何かがしがみついている)です。(←肩こりだってば。)
とりあえず今日まで、すべての原稿を入稿しました。といってもこのあとの校正がまた、ひとやまありますが・・・

一昨日、Bさんから大神選手の原稿が送られてきて、「レイアウトに収まらない!」との悲鳴が(笑)
こういうときは、一度他人が見たほうが文字数など客観的に削れる場合があるので、見せてもらったんですが・・・。

全部載せたい(笑)

このとき、取材に同行させてもらって、一緒に話を聞いたので、ああそうだ、そうだ、と思い返しながら読みました。ちなみに取材先は我が家から車で10分の距離。コーチとしてお手伝いに通っている中学との間くらいにあります。お話をうかがう前、練習を少し見学させていただきました。

マネージャーの方に通していただき、「その前にトイレ」と姿を消したBさんを置いて(笑)、先に体育館に入ったとき、ドアを開けて最初に目があったのが、コート手前のリングでシューティングをしている大神選手でした。

「こんにちは」と会釈したその第一印象は、

ほんとに勝手な印象ですが、
バスケットが大好きな高校生、のように見えました。

今にして、なんであの時そう思ったのかなと思うのですが、
何かその・・・彼女が持っている純粋さがそうさせたのでしょうか。

お話をうかがっていても、人の目をまっすぐ見て話す姿勢に、バスケットに対する真剣さが痛いほど伝わってきて、同性の年配者としても思わず、応援したくなるような女性でした。

自分が指導者の立場から、すごく印象深かったのは、(記事にも出てきますが、) 全中準優勝のあと、リクルートのためにやってきた桜花学園、井上先生の言葉。そのたったひと言が、大神選手の視野をぐぐぐっと広げることになるのですが、あらためて、「指導者にとって一番大事なこと」を知らされた気がしました。

季刊誌について、秋号をお渡ししたところ、「創刊号、見ましたよ、アメリカにいるとき、志村くんからもらいました(笑)」と。
イベントがあった6月29日、翌日アメリカへ行くことが決まっていた志村さんには、Bさんともどもうちに泊まっていただいたのですが、そのときトランクに数冊、「シンにも見せよう」と言ってくださっていたのを思い出しました。うれしかったです。

詳しいことはBさんから、また(笑)



それから、『つくる』のコーナー、手甲ですが、重宝してますよー。

冬だから暖まるものを、とBさんの提案で企画したのですが、「で、どうやって編むの?」とまったくわからない状態からのスタート(笑) まわりの友達に聞いて、ふと身近に、ミニバス卒団生のお母さんで編める人がいる!との情報を得て、教わってきました。

最初、バスケをする娘さんに編んだそうですが、重宝なので自分にも、といくつも編んだ彼女いわく、「車の運転でハンドルをにぎるとき、手に感覚があって、しかもすべらない」「買い物で財布のお金を出す時にもいちいち外さなくていい」とのこと。縄編みや編みこみをしたりして普段使いに楽しんでいましたよ。

私も、記事には写真の見栄え上、グレーの糸で編みましたが、自分用には、好きなモスグリーンの色で作りました。プレーはしませんが、ベンチにいて、子どもたちのナイスプレーで思わず拍手!というときも、気分がそがれず(笑)、いい感じです。
目数や段数を少なくすれば、手の小さなちびっ子選手にも作ってあげられますね。

どうぞお楽しみに♪



*季刊誌 秋号、創刊号はまだ在庫がございます。引き続きご注文をお受けしています。
詳細はこちらをクリック↓

秋号と申し込み方法について
エコバッグ&創刊号について

冬号予告 『作る』

2009.01.17
B@冬号原稿も、ラスト1本でーぇす(笑)

ははは、現在朝の4時45分。
気分転換に、予告第二弾をお知らせしちゃいます。

創刊号の『応援うちわ』に続く、手作りGOODSのパート2は、

手甲
です。

他に呼び方あるのかな?
英語だと
A cover of the back of the handなのかしら。


寒い冬の日、シューティングをするにも手がかじかんでしまう。
思わずはぁーっと、手に息を吹きかける時あるでしょ。
そんな時、手甲が大活躍。


手袋と違って、手のひらには生地はないのでシュート感覚も狂いません。
先日、テストで編んできましたよってMさんが見せてくれましたが、指のところも
あまり気にならずにいい感じでした。
ああ、写真撮っておけばよかったな。


手甲作成ページの裏話は、おそらくいずれMさんからあることでしょう。
ね?


その手甲作りのレクチャーです。
バレンタインにあの選手にプレゼントとかもありなんじゃない?


明け方は寒いわ。私にも誰か手甲作ってぇぇ(笑)
それでは原稿に戻ります。←誰かさんにアピール



*季刊誌 秋号、創刊号はまだ在庫がございます。引き続きご注文をお受けしています。
詳細はこちらをクリック↓

秋号と申し込み方法について
エコバッグ&創刊号について

AJ 意外な展開

2009.01.12
B@アイシンの皆さん、V2おめでとうございます。

それにしても、昨日のJOMOの戦いを思い出させるような、前半のアイシンのラッシュ。
激しいディフェンスアタックが功を奏して、日立はボールが回りません。
なんと1Q、日立は2Pが0%でした。うそー、と思ったら後半風向きが変わります。
3Q途中から、今度はアイシンの得点がピタッと止まり、4Qラスト3秒に柏木がレイアップシュートを決めるまでフリースローのみ。日立の酒井、大屋のディフェンスが良かったですね。

こんな展開の決勝は初めて。あわや歴代最小得点試合になるかと思いました。


09112-ajfmfinal2

記者会見には5人が登場のはずが4人? あれ、佐古が帰ってしまってました(笑)


09112--ajfmfinal1

初の決勝進出の日立は、やはり決勝ステージの経験のなさか序盤の防戦一方が痛かった


09112-ajfmfinal4

トヨタ拓馬はベスト5初選出というのも意外。でも、フロアリーダーというコメントは謎です(笑)
竹内兄弟はいわずもがなの選出。


09112-ajfmfinal3

おまけ。はい、ユニフォームのナンバーでわかりますね。佐古家5人姉弟みんなこんなに大きくなっててびっくりよ。あれ、6人?  なっちゃんが抱いているのは、小宮さん家のまゆちゃんでした。
なお、お子さんたちの写真の掲載については、お父さんに許可をいただきました。

JOMO5年ぶりAJ優勝飾る

2009.01.11
B@JOMOの皆さん、おめでとうございまーす♪

マンツーマンとゾーンのチェンジングディフェンスわかりましたか?
ショットインと、サイド、エンドスローインでも違っていました。

これがJOMOの『びっくり箱』でした(笑)
決勝は、今までまったく使ってなかった戦略戦術を使うことがあるんですよね。

1Qで相手が対応できなかったとき、シンは

『しめしめ!』
と、思ったそうです(笑)

あと、戦う姿勢。前半は、シンの1on1に始まり

後半はリュウ(吉田)がボールすべてに絡んでましたね。
圧巻のリバウンドはどっから飛び込んでくるんだと思えたし、ロッカーモーションを使ったチェンジオブ゜ペースのシュート、インサイドのテン(山田)にパスしないと見せかけて、ワンハンドでフリップパスを入れるなど、もう少しプレイタイムがあればトリプルダブル達成するんじゃないかという勢いでした。

ベスト5に入らなかったのが首をひねるくらいでした。マジで。


09111jomo

記者会見での写真。

09111shin

シンは記者会見も手馴れたもの。くるくる変わる表情と、感情豊かな表現をします

09111yoshida

このあとの優勝祝賀会にて、リュウは自ら『課題はインタビューのコメントです(笑)』と言ったとか。
コート同様に大暴れを期待していても、インタビューになると借りてきた猫になっちゃううんですよね。

09111utsumi

内海親子やはり似てる。ツキは『内海さんは‥』とまるで他人のように話します
決勝は『何も考えずに打った』シュートがボカスカ入りました

オリンピアンの皆様と裏AJ!

2009.01.11
過去オリンピックに出られた“オリンピアン”の方々が、女子オールジャパン決勝ハーフタイム時に紹介され、終了後の閉会式では、メダルのプレゼンターとして一役かいました。

引退されたあとでもこのビューティホーな“オリンピアン”の面々、なかなかこういう機会もないので一声かけて撮影させていただきました。

さて、どなたが誰かわかりますか?

09111-olinpian

答えはのちほど。

★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★

で、試合終了後打ち合わせなどをしたあと、“裏オールジャパン”に審判として参加。
笛を吹いてきましたよ。椅子に座ったままですが何か(笑)


09111-ura-aj5

大会の裏方さんであるJBAと新聞記者、ライター、テレビなどのメディア関係者とのゲームが
『裏オールジャパン』なのです。試合前に記念撮影。まだこのときはみんな元気でした‥。
しかし、開始3分ですでに息が上がります(笑)


私も以前はゲームに参加して、某スポーツ新聞社のいまやデスクとなったK藤さん(約190cm)にボックスアウトをしたら、見事にはまってリバウンドを取らせませんでした。ちなみに私、156cm。

「記事で書いていて頭ではわかっていても、実際にボックスアウトされた経験なんかない。身長が高くてもスクリーンアウトされると本当にリバウンドが取れないもんなんだ。技術ってすごいなぁ」と言われました。


試合前、フロアに立つと代々木第一体育館は広いなぁ、と実感しました。


09111-ura-aj4

元JOMO、元WNBAプレイヤーのおーちゃんこと、萩原美樹子さんも参加。仕事の打ち合わせ?
それとも、少しは手を抜いてよね、とお願い?

09111-ura-aj2

オフィシャルはJBA広報部。実況アナウンスは、ご存知渡邊アナウンサー。

09111-ura-aj1

後輩の国士舘バイキングスに負けるな(笑) JBA佐藤学君のきれいなスリー


09111-ura-aj3

メディアチーム、オリジナルタイムアウトも再三請求。
何とダブルオーバータイムの末(2次会の予約時間が迫ったため笑)24-24で引き分け。
フリースローミスが痛かった? ほら、フリースローは大事でしょ。

AJ Final進出!

2009.01.10
B@別件と、別々件と別々々件とトリプルでやばいです。

スポナビ男子準決勝1
スポナビ準決勝



ブログ書く前に冬号原稿書きなはれ、と某所からお叱りを受けそうですが、
これだけは言わせてください。


インカレに続いて、AJでもWE LOVE BASKLETBALL参加メンバーのいる両チームが決勝に進出しました。


11日の女子決勝は富士通とJOMOの顔合わせ、
12日の男子決勝はアイシンと日立の対戦に決まったわけです。
日立にいたっては昨年初のベスト4からさらにランクアップ、初の決勝です。

そーそー、JBLに入ってからは竹内兄弟初の決勝対決ですね(笑)



男女決勝は、ともにNHK教育で14:00~生放送されます。
代々木第一体育館に行けない人は、テレビで観戦しましょう。


余談ですが、Mさんにこの件について報告メールしたところ
『私たちってあげまんね!』って返ってきました(爆)

冬号とAJ、WC裏話

2009.01.07
B@てんてこまい、です。
皆さん、もう学校、会社始まってますよね。

クリスマスとか、お正月ってナニ? って生活を送り続けてはや何年になるでしょう(笑)
それでも、高校生活最後の最後にようやく全国大会に駒を進めた息子を応援にはるか遠方から駆け付けた友人と会ったりできてよかったなー。


あっ、WCの記事も追加したり、更新しています。ずずーっと下の記事もさかのぼって見ていただけたらうれしいです。いまだ中途なのもあるんですけどね(苦笑)


AJにいたっては、各カテゴリーの選手、関係者と久しぶりに体育館で遭遇したり。連絡先を交換したり。東京体育館では、何mおきにそういう人たちと出会って、なかなか進めなかったり。


そうそう、元シャンソン化粧品、JAPANのエースフォワードだった久保田久美さんにもWCで『Bさーん!』って声をかけられました。聞けば、娘さんが桜花にいるんだって。いやー、いまだ若々しくって、とてもそんな大きな娘さんがいるようなお母さんには見えません。って言うと、


『30過ぎて、遅くになってできた子なんですよー(笑)』って。
えーーーーーっ、てことはさ、(指折り数えてみる)
クミっていくつだったっけ? 私はいくつなんだっけ(笑)


二世選手って多いですよね。洛南は特に目白押し。
#6谷口大智君はお父さんも洛南~大体大、お母さんも大体大。
#7加藤君の父は筑波大だった加藤千豊、#14鈴木君はアイシン鈴木貴美一ヘッドコーチの息子(能代工~法政大~日鉱。そのまたお父さんも日鉱でした。親子三世代笑)
#15木村君の父は日鉱共石の木村孝正(能代工~日体大)
#11小林君の兄は、洛南の先輩でもある青学大のバッシーこと小林君。

明成#11村田君の父は、三菱・村田健一ゼネラルマネジャー(京産大~三菱)。
東京成徳大#7篠原メグさんの父は筑波大、母は日体大、双子の兄は中央大、日大4年の篠原兄弟ですよね。

★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★

目下、AJ取材と同時進行で、冬号の原稿も進めています。
巻頭インタビューは
この人っ!

shin
(JOMOポスターより)

WNBA挑戦の裏話など満載です。
帰国してすぐのWJBLレギュラーシーズンでは、中盤疲れているかなと思う部分があったけど、リフレッシュしてAJに登場。シンは相変わらず、きれっきれのプレイを披露しています。

一昨日のAJ準々決勝には、ゆずの北川悠仁さんも代々木第一体育館に観戦にやってきて、JOMOの試合を観戦していました。なんでも、北川さんが見に行くと応援するチームが負けたり、ライブに行くと解散してしまったりすることが多いそうで、体育館に来る前に『大丈夫かなー』と心配してたらしいです(笑)
そんなジンクスにも負けず、JOMOは10日の準決勝でシャンソン化粧品と対戦します。


そうそう、原田裕花さん経由で、北川さんにもBasketball Lifeは渡りましたよ(笑)
読んでくれていると思います。


*季刊誌 秋号、創刊号はまだ在庫がございます。引き続きご注文をお受けしています。
詳細はこちらをクリック↓
秋号と申し込み方法について
エコバッグ&創刊号について

mixiにコミュができました

2009.01.06
mixiにBasketballl Lfeのコミュ二ティができました。


まだ、できたてのほやほやコミュです。これからコンテンツも増えていきます。
mixi会員のかたは、こちらにもぜひ参加してくださいね。
よろしくお願いいたします。



Basketball Lifeコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3960065
Basketball Life

新年

2009.01.04
明けましておめでとうございます。
昨年は、季刊誌『Basketball Life』の発行にあたり、イベントの開催やブログの開設など、新しいことを「始める」のに精一杯の年でした。今年はその「始めたこと」を、さらに充実したものにできるよう、がんばりたいと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、
寒さも一段と身に染みる冬のこの時期、インカレからウィンターカップ、そしてオールジャパンへと、全国レベルの大会が目白押しですが、みなさまのバスケットボールライフはいかがですか?
全ミニ予選や、高校新人戦、各地で行なわれるカップ戦などもあり、それぞれの場所で、それぞれのバスケットを楽しまれているのではと思います。

私は今、いただいた年賀状のお返事を書くのにおおわらわで(笑)
ミニバスと中学とでコーチをさせてもらっていることもあって、かわいい文字の賀状をたくさんいただきました。

もうさー♪
宛名のところにね、「M ○子コーチ」って、えんぴつで書いてあったりするの、もうそれだけで、かわいいー!って思っちゃいますよね。裏を見たら、「今年はフリースローをがんばります」とか書いてあったりして。
フリースローかよっ!って勝手にツッコミを入れながら、楽しく拝見しています。

ミニバスの卒業生で、中学での近況を教えてくれる内容や、高校受験、大学受験を控えている子たちからのはがきもありました。
高校へ行っても、大学へ行ってもバスケットを続けます、と、
教えてもらったことを生かしてがんばります、というようなことが書いてあったりして、それもほんとに、うれしいです。

つづける、って、すごいことですよね。
辞める理由はいくらでもあるんですから。どんな世界でも。

がんばれよ、と思います。



がんばれ、がんばれ。
ずっと応援するからね。



さて、年も明けたことですし、今日からはトップ記事を入れ替えて、少しずつ、今準備に取り掛かっている冬号の予告をしていきたいと思います。今回も、Basketball Lifeの名に添う充実した内容でお届けいたします。どうぞお楽しみに。

Bさんからはひきつづき、試合に関するレポートが、
私(M)の方は、フィールドオブドリームスのつづきもお話したいと思っていますので、そちらの方も、よろしくお願いします。


*季刊誌 秋号、創刊号はまだ在庫がございます。ひきつづきご注文をお受けしています。
詳細はこちらをクリック↓
秋号と申し込み方法について
エコバッグ&創刊号について
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.