Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

2009年07月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪IH REPORT 7/31 3回戦@中央体育館

2009.07.31
B@さすがに疲れもたまってきました(笑) アップ遅くなってすみません。
ベスト8入りをかけての3回戦。今日からコートが変わり、縦に2面となります。中央体育館は広いので両コートのエンドから逆のエンドまでが遠い遠い。

とりあえず写真アップまでいくかな。説明はのちほどになるかも。
あっ、30日が消えてしまった…。

30-10

31-2

31-3

31-4

31-5

31-6


31-7

31-8

31-9

31-10

スポンサーサイト

大阪IH REPORT 7/30 2回戦@中央体育館

2009.07.30
B@一度アップしたはずが消えてしまいました↓ ショックですが、やりなおーし。
本日よりシードチームが登場。1回戦からのチームは2試合目なので入り方が重要です。


30-1


30-4


30-2


30-3


30-5


30-6


30-7


30-9

人のこと。1

2009.07.30
Mです。
毎日暑い日が続きますねー。みなさん、夏バテなどしてませんか?

私のここ数日は部活&部活。
自分の中学時代より百倍まじめに練習に参加しています。

さてさて、ピンチヒッターのようたさん、写真で綴るイベントレポート、ありがとうございました。Bさんと並んでさすがはプロの腕前、写真も一味違って・・・感心しながら拝見しました。

私は個人的に、T.Oの子たちと審判の先生たち・・・なんでこんなかわいく(かっこよく)写ってるの!と突っ込みたい気持ちを抑え(笑)、あの日のことをふり返りつつ・・・まだちゃんと、みなさんにお伝えしてないよなと思い、遅ればせながらのお話をしたいと思います。


Bさんの、怒涛のIHレポに割って入る形になりますが・・・
体調はだいじょうぶなんですか!!
みなみ先生も一緒?かなぁ。

実は季刊誌夏号も密かに進行中。
みなみ先生のページは、「熱中症の予防と対策」についてのお話です。ミニバスや中学での指導を受け持つ私としては、注意しなければならない項目がたくさんありました。スポーツドリンクも、そのまま(薄めずに)飲んだ方がいいときと、薄めて飲んだ方がいいときとがあるんですね。これは知らなかった。


あ、そうそう、
ハーフタイムショーに登場してくれたTAMA&DAI、ユニットでの次なる登場は、バスケットボールの家庭教師主催による『サマーキャンプ2009』内、みたいですよー。

みなさん、それぞれの場所で、がんばってるんだね。

そうだ、メインキャスター・・・、じゃない、メインゲスト、イベントキーパーソンの志村選手も、練習、大汗かきながら、「ガシガシ」やってるって言ってました。

私も負けずに。。

あの日、力を貸してくれた人。
応援してくれた人。
だいじょうぶ、と言ってくれた人たちのこと。

少しだけ、お話しますね。

大阪IHREPORT 7/29 1回戦@中央体育館

2009.07.29
速報
http://bbosaka.com/
IH速報は大阪高体連が一番早いですね。

senpyou
戦評はこうやって、かなりリアルタイムに近く書き込まれています。
ただ、ボックススコアの集計、確認とともに掲載されますから、公式サイトのアップをお待ちください。

tubata4
Aコートでは初出場・津幡が20点のビハインドから逆転勝利。


sakuranomiya9
桜宮はアドバンテージを握っていたものの、ガードの怪我で流れを失ってしまった。

sakuranomiya
桜宮応援席も焦りの色が浮かぶ


nobegaku-pui
アップからダンクでリング調整をさせたプイ。試合中にも修正。ダンクしすぎにご用心(笑)
延学はスターターより、ベンチプレイヤーの活躍が光った

ko12
慶應義塾は、坂口コーチが現役以来のIH出場ではないかな。確か大会最低身長ながら活躍していたはず。で、なぜかチーム最長身(188)の#12権田がトップポジションにいることが多かった。
得点源#5平石とともに奮闘したものの、ミスを明成に持っていかれた

http://www.keio-basketball.com/games/2009/hiyoshi_IH/road_to_ih.html
慶應サイトをみると予選では競り合いを制していただけに、接戦に持ち込みたかったが…


hashimoto1
今日の注目ルーキーは宇都宮工#14橋本晃佑(201センチ)。噂には聞いていたが、普通に走れて飛べる。#12齊川とのコンビプレイでは瞬間的な切れのあるプレイも垣間見せる。シュートタッチもよく、考えてプレイをしているスマートさもある。何より両手がしっかり上がるのでリーチを生かしたプレイができる。もちろん、ハンドリングの未熟さ、クイックネスなど課題も多い。

hashimoto2
竹内兄弟の高校1年時の衝撃を再びという感じのプレイヤー。次回はインタビューしたい。
あっ、#12齊川もいいんですよ。これを生かすにはガード陣頑張れ。
大塚(元NKK)の息子が大会1週間前に骨折でエントリー変更になったのは痛い


kyokunishi
相手の旭川西、前半まだ射程範囲の時にトライアングル&ツーをされてプレイが止まってしまった。
後半、垂れ幕を背に追撃したものの及ばず

kousei5
光泉は#5北川をはじめ福大大濠に縦の突進で食らいつくも、終盤の余力足りなかった。
マッチアップゾーンで活路を開き、ファウルトラブルもサブメンバーの奮闘でリードしたが勝利にはたどりつかず。

oohori#7
大濠はラスト乱戦に持ち込んで、#7矢島が33点、#4二宮がリバウンドでラッシュ

oohori#13horie
しかし、苦しい時に踏ん張ったのはサブメンバーの#10堀江らのディフェンス。コートに入ってくるときの面構えからして、ヨッシー、竜馬を彷彿させる。そういえば、鶴我先生の教え子だからか

matsuehigashi
Bコート最終試合はWオーバータイムになったロングゲーム。松江東にあるまじき(笑)五厘軍団が粘りに粘った。4Q最終に#6都田が放ったスリーが決まり延長へ、さらにオーバータイムラストには#4野々村の執念のスリーで再延長に突入。しかし、勝負所で痛恨のトラベリング。今大会は海外でのトラベリングの基準になったようで、この突き出しのトラベリングは厳しく吹かれている。


matsuehigashi2
対戦した東海大菅生・小山コーチは「今年の東京は京北、八王子が抜き出ているので最初から3位狙いだった。接戦になるのは覚悟していた。しかし、(こういう試合は)寿命が縮むね」と苦笑い。

五厘軍団の松江東#4野々村と安食コーチのコメントはあらためて。

・・・・・・・・・……★☆

初日から飛ばしすぎたかな(笑) ふ~

大阪IH 近畿まほろば総体

2009.07.28
B@大阪到着しました。
近畿まほろば総体、バスケットボールは大阪開催です。

男子組み合わせ
http://www.09soutai-osaka.jp/chusenkekka/basket_danshi.pdf

女子組み合わせ
http://www.09soutai-osaka.jp/chusenkekka/basket_joshi.pdf

大阪市中央体育館
住所:大阪市港区田中3丁目1番40号
電話番号:06-6576-0800
アクセス:地下鉄中央線「朝潮橋駅」 <連絡橋2-A出口より徒歩西へすぐ>

大阪府立体育会館
住所:大阪市浪速区難波中3丁目4番36号
電話番号:06-6631-0121
アクセス:・地下鉄御堂筋線/千日前線/四ツ橋線「なんば駅」
<御堂筋線5番出口より徒歩南西へ350m>
・近鉄難波線・阪神なんば線「大阪難波駅」<徒歩南西へ600m>
・南海本線/高野線「なんば駅」<南出口より徒歩南西へ250m>
・JR大和路線「JR難波駅」<徒歩南東へ800m>

大阪市立浪速スポーツセンター
住所:大阪市浪速区難波中3丁目8番8号
電話番号:06-6643-6444
アクセス:・地下鉄御堂筋線/千日前線/四ツ橋線「なんば駅」<御堂筋線5番出口より徒歩南西へ450m>
・近鉄難波線・阪神なんば線「大阪難波駅」<徒歩南西へ700m>
・南海本線/高野線「なんば駅」<南出口より徒歩南西へ350m>
・JR大和路線「JR難波駅」<徒歩南東へ900m>

大阪市立住吉スポーツセンター
住所:大阪市住吉区浅香1丁目 8番15号
電話番号:06-6694-9201
アクセス:・地下鉄御堂筋線「あびこ駅」<4番出口より徒歩南へ600m>
・JR阪和線「杉本町駅」<徒歩東へ1km>


テレビ放映 NHK教育テレビ 男子決勝 8/3 15:30~16:30

大阪実行委員会
http://www.09soutai-osaka.jp/basket.html


競技別結果


REPORTはここで行う予定。

・・・・・・・・・……★☆

【おまけ・本日の発見】

お土産にどうでっか!

下に続く…

代々木公園コートのシンボルマークの公募

2009.07.26
B@明日大阪に出発予定です。

なんと、代々木公園のバスケットボールコートのシンボルマークを公募で決めるプロジェクトをご存知ですか?
PLAY GROUND DESIGN PROJECT
http://www.pgdp.jp/


代々木公園のバスケットボールコートのシンボルマークを一般公募する「PLAY GROUND DESIGN PROJECT」が7月20日始まった。主催はNPO法人「KOMPOSITION(コンポジション)」(渋谷区南平台町)


ナイキジャパンとメディコム・トイが過去に共同で制作・販売した商品の利益の一部を財源に、同コートの改修を行われます。同プロジェクトは、改修に際して2面あるコートの中心に刻印するシンボルマーク2作品を一般公募するもの。


シンボルマークは、同プロジェクトのサイトで行う一般投票の上位作品の中から両社が審査し選考され、採用作品は9月20日、同サイト上と代々木公園バスケットボールコートで開催するストリートバスケットボールトーナメント「ALLDAY」で発表するそうです。

デザイン応募者と投票者にはナイキとメディコム・トイ、同プロジェクトのロゴをあしらった限定BE@RBRICK100%を抽選で進呈されます。
そのほか、投稿されたデザインの中から気に入った作品を自分のブログへ貼り付けることができるブログパーツも用意されるとか。

このコートは、2005年2月にナイキジャパンが代々木公園内に寄贈したもので、「Reuse-A-Shoe(リユース・ア・シュー)」プログラムにより、不要になったシューズからリサイクルしたアスレチック再利用素材を使用しているんだって。へー、エコですね。


応募・投票ともに8月31日まで。

ぽちっと応募してみようかな。
ということで、次の投稿は、同じくリングに関してです。

WE LOVE BASKETBALL■イベント編■

2009.07.20
ようた@Bさんのピンチヒッター登場2回目です。

「WE LOVE BASKETBALL参加選手編」につづき、今度はイベント編です。
当日のイベントの様子を写真でお伝えします。

イベントの詳しい内容、志村雄彦選手、出場選手の紹介やコメント、
伊藤拓摩コーチの「世界一受けたいバスケットボールの授業」の詳細は
7月下旬発売の「Basketball Life夏号」までお待ちください!


アビブ佐々木
ゲーム前のウォーミングアップ時から子どもたちと意気投合!佐々木&アビブ選手

千葉
千葉選手も笑顔。ミニバスの選手たち同様、これから始まるゲームに思いを馳せます

授業
ゲーム前には伊藤拓摩コーチによる「世界一受けたいバスケットボールの授業」
アメリカでの体験談をまじえた伊藤コーチのチャレンジ・スピリットの詳細は夏号にて!

TO
TOを務めてくれたのは柏四中女子バスケットボール部の皆さん。ありがとう!

審判
審判を務めてくれた先生方。ご苦労様です

ファミリー
掛け声は「ファミリー1、2、3!」

ルーズ
志村選手の得意技、スティール!ゲームは真剣!だからやって楽しい!見て楽しい!

ミニバス2
会場が多いに盛り上がったシークレットルール。2Qにはミニバスの選手が志村選手に挑戦!
チャレンジしてくれたのは太田雄生君と村田雅月君。これまた詳細は夏号で!

笑顔
キーパーソン志村雄彦隊長。この笑顔にみんな惹きつけられちゃうのです!

トレーナー
プロのトレーナーが試合前のテーピングから試合中のケアまで完全サポート
伊藤コーチ&吉満コーチはどんなアドバイスを送っているのでしょうか?

ハイタッチ2
「ハイタッチして会場を回ろう!」という志村選手のかけ声とともに、ゲーム後は会場を一周

ハイタッチ3
みんな、見に来てくれてありがとう!「バスケ楽しいよね!」「練習がんばれよ!」

試合後1
ほーら、バスケしたくなったでしょ? ゲーム後はコートを開放。中山選手と一緒にバスケ!

試合後2
昨年に続き「バスケットボールの家庭教師」のコーチ陣や伊藤拓摩コーチらがアドバイス

集合
最後にもまた集合写真。ほとんどがはじめて組むメンバーだったけど
バスケを好きな気持ち、楽しむ気持ちがあれば、心をひとつにゲームはできる!

【オマケ】イベント後のお楽しみは………お母さん方の手作り、みんな大好きカレーライス!
めちゃおいしかった。ごちそうさまでした。志村選手はおかわりしたそう!



イベントに参加した選手たち&見に来てくれた観客の皆さんと楽しい時間を共有した
2009年7月4日の小金原体育館。
「バスケってなんて楽しい」「出会いを大切に」と改めて感じた1日でした。
また来年もイベント会場でお会いしましょう!

TAMA&DAIフリースタイルムービー2合わせ編

2009.07.15
B@季刊誌夏号の追い込み中です。

お待たせしました。
2人の許可を得ましたので、第2回 WE LOVE BASKETBALLのハーフタイムショー、
TAMA&DAIのパフォーマンスのムービー後半。合わせ編を掲載します。
撮影は、リニューアル担当さん(笑) です。

また、このムービーの転載は不可です。
よろしくお願いします。


Freestyleペア(前編)



Freestyleペア(後編)

ブザーピート バスケパン

2009.07.13
B@閑話休題。

月9 ブザーピート第一話を夏号編集会議で見逃しました。
Mさんは録画してたはず。
バスケット関係者何人見つけたか、とまるでウォーリーを探せ状態だった人も多かったはず(笑)
ネット限定スピンオフドラマ「シャワービート」もあるようですね。

『ブザー・ビート』スピンオフ企画、FOD(フジテレビOnDemand)で配信決定。
JCアークスメンバーのロッカールームでの会話をのぞき見る
「シャワー・ビート~裸のヒーロー達~」もOA直後から毎週配信が決定される。
溝端淳平、青木祟高、石田剛規(元バスケットボール選手)等スポーツ系美男子たちが上半身裸で繰り広げるオモシロおかしい“ボーイズ・トーク”が、FOD(フジテレビOnDemand)で見られます。 
配信価格は1話105円(税込)、全話パック735円(税込)。



で、富山の4番の母さんから教えてもらいました。
http://www.lawson.co.jp/area/tyuubu.html



ブザーピートの番組内で、溝端淳平がロッカールームで食べてたパンです。

ballpan

あっ、でかすぎた(笑)
バスケパン、ローソンとのコラボ商品のようです。翌日から販売開始。
1個125円  山崎製パン社製

味はクリームパン。ふわふわの生地に薄くクリームがぬってあるとか。
「とか」「らしい」は、うちのそばにローソンないんですわ。
だから、画像もいただきました。

期間限定のようなので、おはやめに。

TAMA&DAIフリースタイルムービー1ソロ編

2009.07.11
B@退院しました。

お待たせしました。
2人の許可を得ましたので、第2回 WE LOVE BASKETBALLのハーフタイムショー、
TAMA&DAIのパフォーマンスのムービーを掲載します。
撮影は、リニューアル担当さん(笑) です。

また、このムービーの転載は不可です。
よろしくお願いします。


では、まずは前半部分のソロ・パフォーマンスを。

Freestyleその1



FreeStyleその2

第2回 WE LOVE BASKETBALL■参加選手編■

2009.07.08
B@当日はようたとあんこの2人にヘルプを頼み、いろいろとお願いしました。
取材のダブルチームは鮮やかなコンビネーションでした。ありがとう。

・・・・・・・・・……★☆
ようた@Bさんのピンチヒッターです。

たくさんの人に支えられ、盛況に終わった「第2回 WE LOVE BASKETBALL」。
ここでイベントの詳細を2回にわたって写真で報告いたします!

当日、会場には地元ミニバス選手、保護者、たくさんのバスケファンの方々が
観戦に来てくれましたが
「イベントに参加していた選手のことを知りたい」
「ファンになったのだけど、これから試合を見に行きたい!」
というファンの声をたくさん聞くことができました。
そこで、イベント報告第1弾では参加選手たちのプロフィールを紹介します。

このイベントの詳細記事や選手のコメント&インタビューは
「Basketball Life夏号」(7月下旬発売号)で特集しますので、併せてお楽しみください。


■チーム協力

仙台89ERS
トヨタ自動車アルバルク

ユタ・バレー大学
柏リーブス
青山学院大学男子バスケットボール部
筑波大学男子バスケットボール部
白鴎大学男子バスケットボール部
中央大学男子バスケットボール部
立教大学男子バスケットボール部
流通経済大学附属柏高校男子バスケットボール部


集合写真
総勢14名の選手&コーチが参加。試合後は誰からともなく「楽しかったぁ!」の声が飛んだ。


志村
■キャプテン 志村 雄彦(しむら・たけひこ)
仙台89ERS/160㎝/PG
WE LOVE BASKETBALL のキーパーソン。
160㎝の身長ながら、強気のゲームメイクでコートを支配する。
仙台高校時代はウインターカップ2連覇の立役者となり、
慶應義塾大時代は45年ぶりにインカレ制覇へと導き、そのキャプテンシーはもはや“伝説”。
JBL東芝ブレイブサンダースで活躍後、昨年ドラフト1位でbj仙台89ERSへ移籍。
観る者のハートをわしづかみにする魂のこもったプレイを披露する。


たくま
■コーチ 伊藤 拓摩(いとう・たくま)
トヨタ自動車アルバルク アシスタントコーチ
三重県鈴鹿市立創徳中→モントロス・クリスチャン高→Virginia Commonwealth University
(VCU CAAカンファレンス)。
「より高いレベルで、広い世界を経験したい」と高校から海外に飛び込んだ。
多くの経験を持ち帰り、今シーズンよりJBLでのコーチングに生かす。
弟は同じくモントロス・クリスチャン高からポートランド大に進んだ伊藤大司。


慎子明日実
女性プレイヤーとして華を添えてくれた2人。高校&WJBLで日本一経験者!!!

■大野 慎子(おおの・しんこ=右)
柏リーブス(元JOMOサンフラワーズ)/162㎝/G
鶴鳴女子高(現鶴鳴学園長崎女子高)時代はインターハイ準優勝。
エバンスビル大では日本人初となるNCAAトーナメントに出場し
海外の大学でプレイする道を切り拓いた第一人者。運動量あふれるプレイは必見! 

■中山 明日実(なかやま・あすみ=左)
ユタバレー大4年/160㎝/PG
児玉中、中村学園女子高を全国制覇に導いたリード力抜群のガード。
現在は海を渡り、アメリカの大学で活躍する。
キュートな笑顔の裏には、負けず嫌い根性が備わっている。


渡辺橋本
学生界をリードする青山学院大のガードコンビ

■渡邉 裕規(わたなべ・ひろのり=右)
青山学院大4年/180㎝/PG
名門・青山学院大を束ねる司令塔。
強気なゲームメイクと、勝負所で決まる華麗な3ポイントが武器。
今年は日本学生選抜(李相栢杯出場)のキャプテンを務めた。

■橋本 竜馬(はしもと・りょうま=左)
青山学院大3年/178㎝/PG
今年度、日本学生選抜代表。
アグレッシブなディフェンスと速攻でチームに勢いを与える肝っ玉の座ったガード。
国士舘大・吉満俊孝とは、百道中~福岡大附大濠高での先輩後輩の間柄。


よっしー
■吉満 俊孝(よしみつ・としたか)
国士舘大4年/173㎝/SG
国士舘大のキャプテン。昨年は「WE LOVE BASKETBALL」に出場したあと運気急上昇!
インカレでは度肝を抜く3ポイントを連発し、準優勝の原動力となった。
リハビリ中の今回は、プレイはできなくともコーチとして“魂”の参加。


佐々木鹿野
今シーズンより関東1部に復帰した筑波大コンビ

■鹿野 洵生(かの・じゅんき=右)
筑波大4年/193㎝/F
関東大学界きってのスラムダンカー。
高い身体能力を生かして、オールラウンドにプレイする。
昨年の関東リーグの入替戦では、チームを勢いづける活躍で1部昇格に貢献。

■佐々木 瑛(ささき・ひかる=左)
筑波大4年/185㎝/SG
仙台が生んだピュアシューター。
東北学院高時代はU-18代表に選ばれ、筑波大では勝負強いシューターとして活躍。
正確無比な3ポイントシュートにご注目。


千葉
■千葉 慎也(ちば・しんや)
白鴎大4年/189㎝/C
関東大学リーグでメキメキ頭角を現している白鴎大のキャプテン。
春の関東トーナメントでは、大躍進の5位となる原動力に。
小柄なセンターながら、気迫あふれるリバウンドと体を張ったプレイで貢献。


アビブ
■トゥーレイ・アビブ
白鴎大1年/200㎝/C
関東大学界のスーパールーキーfromセネガル。
出るか必殺ダンク!しなやかでバネのあるプレイに大注目!
5位となった春の関東トーナメントでは、リバウンド王を獲得した。


大貴浄
高校時代、名将・佐藤久夫先生の指導を受けた3人。「俺たち久夫ファミリー」(志村隊長)

■小野 大貴(おの・だいき=右)
中央大1年/188㎝/SF
中央大期待のルーキー。
どこからでも巧みに得点を取り、どこからともなく現れてリバウンドをもぎ取り、
ブロックショットで窮地を救い、ボール運びまでこなす“コートの何でも屋”。

■菅原 浄(すがわら・じょう=左)
立教大1年/180㎝/SG
現在、関東大学リーグで急成長中の立教大期待のルーキー。
豊富な運動量でコートを駆け回り、アグレッシブなドライブインを得意とする。
明成高時代は中央大・小野大貴とともに、国体準優勝に貢献。


ゆっきー
■矢代 雪次郎(やしろ・ゆきじろう)
流通経済大学附属柏高3年/174㎝/G
地元・千葉県松戸市出身の高校生。
今、巷を騒がせている「スラムダンク奨学金3期生」として合格した注目株。
強気なプレイが魅力のガードで、今後の活躍が期待される。


そして、ハーフタイムショーでは……
昨年に引き続き、フリースタイラーのTAMA&DAIがフォーマンスを披露!

たま


TAMA&DAI 関東ブロック1、2フィニッシュ

2009.07.07
B@退院間近です。
さて、本当はイベント前にお知らせしたかったニュースがありました。

TAMA&DAI 関東ブロック
1、2フィニッシュ!
しました。


FREESTYLE BATTLE-日本一決定戦2009
関東ラウンド予選決勝は
TAMAとDAIの対決となりました。
結果、関東ナンバーワンに輝いたのは…



TAMAでした。


この2人はすでに12月に行われるファイナルラウンドへの出場権を得ました。
今年TAMAは、いよいよ本格的にFREESTYLEのプロとして踏み出しました。
そう、このブログや季刊誌Basketball Lifeのサブタイトル

バスケットに生きる、バスケットで生きる

を文字通り地でいっているんですよ。
フリースタイルバスケットボール協会関東支部長にも任命され、日々忙しく活動を行っています。
フリースタイラーとして、イベントのオファーもたくさん来ている模様です。

応援してますよ!!!

・・・・・・・・・……★☆

そんなTAMA、実は今回ご協力をいただいた小金原ミニバスのOBなんです。
そうです、シークレットルールで活躍したゆうき、みづきたちの先輩に当たるわけ。
まさにTAMA自身がバスケットをはじめた場所での凱旋パフォーマンスでした。


昨年に続いてMさんが出演オファーをした時も快諾。
そしてユニットを組むDAIも今は大学院生となり忙しい日々を送っているのですが、
「昨年が楽しかったのでまた呼んでもらえて光栄です」と連続参加が確定しました。


のちほどあらためてイベントのムービーは掲載します。

両エンドラインに座っていたミニ・中学生にハイタッチをしながら颯爽と登場する二人。
さらに技に磨きをかけたパフォーマンスに会場がどよめきます。
もちろん、ソロあり、ユニットあり。
手拍子が自然発生しました。
さすがは、関東ラウンド1、2位の貫禄です。
TAMAが途中、審判を挑発するシーンも?
思わず笑顔がこぼれる審判。


二人の息の合ったパフォーマンスに合わせて流れていた音楽は、
映画監督北野武の「座頭市」で使われていたタップダンスの曲でした。
!( ゚∀゚)ノ ワチョーイ

最後は再びハイタッチで退場。
TAMAは、志村とハグしていました。


後日
「あわせのところは、DAIとチョー練習しました」(TAMA)
と言っていたそうです。


また、2人のパフォーマンス情報は掲載しますね。
では、リハビリ(PTとOT)に行ってきます(笑)

ありがとうございました

2009.07.05
Mです。

あらためてご報告。

第2回 WE LOVE BASKETBALL
無事開催、終了することができました。

見に来てくださったみなさん
集まってくれた選手のみなさん、
お手伝いしてくださったスタッフのみなさん、
ありがとうございました。

それから、
今回会場を貸してくださった、
小金原ミニバスケットボール少年団の保護者のみなさん、スタッフのみなさん、
本当に、言い尽くせない感謝の気持ちがいっぱいです。

本当にありがとうございました。

今回は、前回とはまたがらっと違った形で
『WE LOVE BASKETBALL』が表現されたように思います。

これもあり。

充分あり。

が、

今の正直な気持ちです。

その日
その時
その場所に

同じ会場にいて、同じ空気の中にいたみなさんからの感想をお聞きしたいです。
どうぞ、声を聞かせてください。


後片付けもままならず、今日は午後から、お手伝いしている中学の練習試合で思い切り叫んで、喉がヒリヒリしながら、関係各方面の方々にご報告とお礼をしているところです。

昨日起きたことのひとつひとつは
とても1回ではご報告できません。

『フィールド・オブ・ドリームス』と題してまたひとつずつ、思いつく限りご報告していきたいと思います。







どうやら

メインゲストの志村雄彦さんには、
『隊長』というニックネームがつきつつある今日この頃(笑)

彼がいてくれたからこそのこのイベント
それと
1年という月日

それぞれの道で
いろーんなことがあって

それでも今日この日、という日を迎え
たくさんの笑顔を見て

また来年ね、と別れる夜

・・・超個人的でとっても申し訳ありませんが

やってよかった、
やれて感謝、の気持ちが

今ひたひたと、私の心を埋めようとしています。

昨日あの場にいたみなさんひとりひとりに
いい風が吹きますように。

追い風になり
向かい風になり
みなさんの
前に進む原動力の一部に

どうかこのイベント『WE LOVE BASKETBALL』が
みなさんの、
明日のお力になれますように。

2009WE LOVE BASKETBALL速報!

2009.07.04
WE LOVE BASKETBALLを見に行った皆さ~ん、
参加した選手、スタッフの皆さ~ん、
運営に携わった皆さ~ん、
本当にお疲れさまでした。

2nd WE LOVE BASKETBALL無事盛会のうちに終了しました。


B@実は今回欠席を余儀なくされてしまいました。今病院にいます。
なので、カウントダウン更新もできず、申し訳ありませんでした。
直前の出来事で、Mさんはじめ、関係者の皆さんに大変ご迷惑をおかけいたしました。
そこは、塞翁が馬として、みんなが団結してヘルプしてくれたおかげで、開催できました。


ここには時計もないので、腹時計でイメトレしてましたよ。
頭の中にはイベントのタイムスケジュールは入っていたので。

「もう駅に選手集まったころだなぁ」
「もうミニ講義始まったなぁ」
「みなみ先生とおかちゃんが選手のテープを巻いてるころかなぁ」
「試合始まったなぁ。組み分けどうしたかなぁ」
「ぼちぼち、TAMA&DAIの出番だ」
「終わって、カレーライス食べてるころかなぁ。とろけるプリン作る予定だったんだけど…」
「スタッフはもう打ち上げかなぁ」
と、悶々としてました(笑) たまらず、電話して様子を聞いてきました。
あっ(もちろん、普段は使えないので許可をもらって携帯をかけていいエリアに移動。
PCの使用もおそるおそる申し出たら、OKと許可をもらっています)



世界一受けたいバスケットボールの授業、私が一番聞きたかった!
全員、「よかった~!!」
と、大好評だったようです。


あとね、ほらシークレット・ルールあったでしょ。すご~く盛り上がったって。
実は、2Qラスト2分だけなんですけどね。
よくやったね、ゆうきとみづき。
最終面接とアドバイスもできなくて、ごめんなさい。
でも、やれるって確信してたよ。


いろいろ直前までトラブルもあったりしたけど、
最後はTAKEちゃんを中心にひとつにまとまって、成功に導いてくれました。
ありがとうございます。


大会を運営してくれた裏方のスタッフの皆さんもありがとうございます。
現場に行きたかったけど、行けなくて悔しい~。
これで、連続出場記録が途絶えました(笑)
また、来年はリベンジだ。


なので、観戦に行ったかた、ぜひコメントでどんな感じだったのか、教えてください。
あと10分で消灯、ここまで。

TAMA&DAIの話、書けなかった(笑)
なので、つづくぅぅぅ。

フィールドオブドリームス 11

2009.07.01
Mです。
今日から7月ですね。ブログもリニューアルしました。
担当者さん、ありがとうございます。この後もひきつづき、お付き合いお願いします。

さて、ここのところBさんにまかせっきりの更新が続いていますが、
ご案内のとおり、WE LOVE BASKETBALL が、再び生まれようとしています。
バスケットを愛する人なら必ず、楽しんでいただける空間になると思います。
お時間の許す方はどうぞ、足をお運びください。


さてさて

上記のタイトル、『フィールド・オブ・ドリームス』で最後に更新したのは、いつだったっけな、と過去を調べてみると、12月1日で止まっていました(汗)
実は、あと1つ、お話したいことがあったのですが、それをずーーーっと気に留めていながら、今日まで来てしまいました。それが心の中で、消えない小さな火になって、その・・・

ちょっと気恥ずかしい表現になりますが、
私がそのことで行動することの素、
「熱と光」になっていたような気がします。




あれから、1年が過ぎたんですよね。
あの時、あの場所にいたみなさんにとって、
この1年という月日はどんな風に
みなさんの人生の中に
組み込まれていったんでしょう。


私は・・・



フィールド・オブ・ドリームス
その、11番目のお話です。

2nd WE LOVE BASKETBALL 参加選手その3 &リニューアル

2009.07.01
いやぁ、もう7月ですよ。
2nd WE LOVE BASKETBALL
まであと日!


リニューアル担当、深夜の大活躍で、無事リニューアルいたしました。
ぱちぱちぱち。
ありがとうございました。

さて、新たに参加メンバーが確定いたしました。

中山 明日実(中村学園女~Utah Valley University)

小野 大貴(明成~中央大1年)
佐藤 将人(洛南~中央大1年)
菅原  浄(明成~立教大1年)

矢代雪次郎(流通経済大学附属柏高3年)

本日、さらに確定しそうです。
(※順次追加しています)


現時点の参加メンバーです。

志村 雄彦(仙台89ERS)

大野 慎子(元JOMOサンフラワーズ)
中山 明日実(ユタバレー大)

渡邉 裕規(青山学院大4年)
橋本 竜馬(青山学院大3年)
吉満 俊孝(国士舘大4年)
佐々木 瑛 (筑波大4年)
鹿野 洵生(筑波大4年)
千葉 慎也(白鴎大4年)
小野 大貴(中央大1年)
佐藤 将人(中央大1年)
菅原   浄(立教大1年)
トゥーレイ アビブ(白鴎大1年)
矢代雪次郎(流通経済大学附属柏高3年)

コーチ 伊藤 拓摩(トヨタ自動車)


そして、今年も大塚製薬さんからご協力をいただくことになりました。
熱中症予防のためポカリスエットとサプリメントをご提供いただきました。
ありがとうございます。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。