Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

2010年12月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年

2010.12.30
ご無沙汰しています、Mです。

今年ももうすぐ終わり、ですね。

みなさまにとってこの1年は、どんな1年だったでしょうか。



私は・・・
いろいろありすぎて(笑)




この前の月曜、クラブに、いつものように玉城くんがやってきて
それで、ついでのような言い方で、「Mさん、」て

「僕 日本一になりました」って
さらっと報告が。




はいー?(笑)


23日が本戦、できれば応援に行きたかったんですけど、午後から中学の練習試合が入っていて、行けなかったんです。
先週の月曜には、その日が決戦だということを聞いていて、今回は予選からの参戦、それもツワモノ揃いで、って

そんな中に入って、戦うんだなと思ったら
えらいなあ、って

ただただ単純に思っていただけで
まさか、そこから勝ち上がって優勝まで登りつめるなんて



DVDも出るって、そのときに聞いてたんです。
えっと・・・、ちょっとよくわからないんですけど(苦笑)、
出たら見せてくれるって、

いただきました。
↓ ↓
freetama.jpg


7人出ているんですけど
下段左から2番目がTAMA、その上がDAI。

ボーナストラックが笑えた。(DAIくんのシーンが特に)

限定300枚の発売だそうです。
海外からも予約がきてるって言ってました。

すごいですね。。。




その日が今年最後のクラブの日、だったのですが、終わりごろになって、武井くんがミニバス&中学の教室を終え、奥様をお迎えにこられて、TAMAくんにおめでとうとねぎらいの言葉を


私はデジタイマーの横に陣取って
その光景をほほえましく眺め



・・・・

「超」個人的な話をしています。

でも
バスケットの日常です。

私のまわりに
バスケットを愛する人がいて

バスケットで生きる人が交差するんです。

私の目の前で。








さてさて

今年1年が、もうすぐ終わろうとしています。



この1年が
どんな1年だったか。





・・・どんな1年だったかなあ。




別れた瞬間に
次に会うときのことを考えてしまうような

大切な人たちがいます。


年を越える

その人たちと。




今年は一段と
温かい冬です。



さて、
みなさんは?





近いうちに
またお目にかかります。

今年一年、お世話になりました。
お元気で、
良い年をお迎えください。



いい顔でバスケ。
また来年。


by M
スポンサーサイト

Basketball Life 秋号発行のおしらせ

2010.12.06
※しばらくはこの記事がトップとなります。通常の最新記事は2つ目からとなります。

さて、おしらせが遅れましたが
Basketball Life 秋号、 発行いたしました。
(年間購読の方へは、すでに発送させていただいております)
10冬表紙
 
今回の特集は
『武井宏允 53年のバスケットボールライフ』
元・東京成徳短大付属高校(現・東京成徳大学高校)監督 武井宏允(たけい・ひろよし)先生に
お話を伺いました。
中学、高校とプレイされたあと、大学生のときにコーチに招かれ、その後教員として奉職。

インターハイ、春の選抜大会(現在のウインターカップ)連続出場、
そのうち国体を含めた何度かを優勝で飾られています。


先日の予告でお話したとおり、
先生のご自宅が、うちから車で5分くらいのところで(^_^;)

実はこれまでも、何度かお酒の席にご一緒させていただいています。
私の場合、飲み会≒勉強会ということで(笑)

中学の試合のことでは、何度もアドバイスをいただきました。
チャンジングディフェンスなど、武井先生から教えてもらって試したものや
指揮を執ることの心構えみたいなこと


日々の指導と勝敗を分ける指揮とは、延長線上にありながら違った視点を持たないといけないと思うんですけど、
そういうことのヒントなんかをもらったりして

ほら、こういうことって
経験した人に聞いたほうが、本を読むよりずっと的確でしょう?
陥りやすい失敗とかもね、教えてくれるんです。
これはいいけど、やりすぎるとこうなるよ、とか
正しいとはいえないけど、ちょっとやるならこれもあり、とか

本だと、正しいことしか載ってないんですもん。
でも現実の世界で私たちは、間違いだらけの道をかき分けて進んでるんですから




今回は、「取材」ってことで
わがままを言って、昔の写真をたくさん見せていただきました。
誌上では少ししかご紹介できませんでしたけど。。

余談ですが、月末には中学に来ていただいて、練習を見ていただくお約束です。
公私混同??
いえ、役得と言ってください(笑)




つづいて、
千葉国体レポート『チーム千葉の軌跡』
Bさん渾身の取材です。
記者として長年見続けてきたカテゴリーで、その本領を発揮。
私も知らなかった千葉の地道な活動を紹介してくれています。

後日談もここでお話される予定・・・かな?


『WE LOVE BASKETBALL』のコーナーでは、
これも先日ご紹介しました、bsk@柏のみなさん。

取材の翌日には先行予約で大量注文をいただきまして
ありがとうございます。
私もこれからは一会員として、できることを楽しみながらお手伝いしたいと思います。


『つくる』は、羊毛フェルトでつくるバスケットボール。
以前、ページを担当していただいた、みなみ接骨院のみなみ先生のご紹介で、
若林さんという方に教えていただきました。
試作品をひとついただいたんですけど、
とっても可愛い!!
ストラップをつけてキーホルダーに、というご提案もいただきましたが、
私はちょっと、別のあることに使おうと思っています。

できたらそれもまた、こちらでご紹介しますね。

『BUBU’ EYE』
今回は、大垣、前橋、船橋。写真がきれいですよー。
おいしい料理と人々の笑顔がにじみ出るようなページです。

ほかにも、
(株)ERUTLUC代表 鈴木良和氏による
『心づくりのヒント』
(今回は保護者さんたちにぜひ読んでほしい!)

『リングのある風景』&Nutsさんの『バスケで世界一周』
好評連載中。


秋の夜長、冬のおともにぜひ(笑)


季刊誌購入について
郵便局に備え付けの払込取扱表にて代金をお払い込みください。
(店頭では販売していません)
料金到着後、メール便でお届けします。

払込取扱表の通信欄に、ご希望の年号(10秋号など)と冊数を、
ご依頼人欄に、お届け先住所、お名前、お電話番号をご記入の上
下記口座宛てご入金ください。

郵便振替口座 00110-7-413190
加入者名    Basketball Life企画
(払い込みの際、振替手数料が別途かかります)

代金は、本誌(300円×冊数)+180円)(送料、手数料

バックナンバーも各号受け付けております。
尚、今回より、年間購読の受付はいたしませんのでご了承ください。
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。