Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

『試合で勝てる! バスケットボール 最強の戦術』本紹介

2009.06.10
B@すみません、病院通いが始まりました。
日々トレーニングに励んでます。内転筋が筋肉痛(笑)


さて、今回は宣伝です。
すでにBasketball Life春号のリングのある風景にも書きましたが
師匠こと、明成高校ヘッドコーチ、佐藤久夫先生の本を作りました。
では‥ド~ン。


senjyutsu-hyoshi1


『試合で勝てる! バスケットボール 最強の戦術』
著者 佐藤久夫
A5サイズ
1300円
メイツ出版株式会社
http://www.mates-publishing.co.jp/
〒102-0082東京都千代田区一番町22-1
TEL03-5276-3052(注文専用)
FAX03-5276-3105

戦術本とはいっても、けっして堅苦しいものではありません。

本文の中でも、
戦術=かけひきと定義しています。
戦略、戦術について、噛み砕いた説明になっているはずです。


下の見開きページをみればイメージできるでしょうか。
senjyutsu1

これば、バックドアのページ。
(※掲載についてはメイツ出版に了解をいただいています)


内容は、
チームオフェンス編
チームディフェンス編
個人の攻防の戦術編
ケーススタディ編
の4章です。

戦術についてのコツ50を
それぞれ3つのツボ
さらに、久夫先生の戦術に関するコラムと、巻末には
明成・高橋アスレティックトレーナーの指導による器材を使わずに行う
自重トレーニングを紹介しています。


senryaku-meisei1

撮影モデルは、明成を今春卒業した2期生、現在大学1年生たち。
さっそく、あちこちのチームで活躍してます。
このトーナメントでも、

『出た、海斗(日大・石川海斗)の“ごぼう抜き”だ』
『あっ、大貴(中大・小野大貴)が“吸い込み”やっている』
『浄(立教大・菅原浄)がバンクシュートで修正している』
とか、現在も実践しているシーンを何度も目撃しました。

“ごぼう抜き”とか“吸い込み”、マイナスでボールをもらうとか、久夫先生独特の用語があるんです。

そういえば、この写真を見せたある人に
「明成の子がこんなポーズとっていいの?」と聞かれました(笑)

現役が終わったらいいんです。というか、以前にもご紹介したように先生がしょっちゅう
『笑ぇ~』と、言って写真撮っているので、選手たちは撮られ慣れてるんです。
囲碁やパソコン、墨絵など多趣味で知られる久夫先生の趣味の一つがカメラです。
みんなすごくいい顔をしてくれます。

meisei8

撮影の最後にサプライズで、みんなのサインを書いたTシャツをもらいました。


この春号の特集1は、『私の駆け出し時代』。
久夫先生の話も出てます。
合わせて読むと、さらに面白い(笑)


発売日は、6月中旬予定。ただ、はっきりした日付はわからなくて、
まずは、大きな本屋さんに置かれて、順次という感じのようてす。
お近くの書店にない場合は、メイツ出版に直接注文するのが確実だと思います。
ちなみに、もう沖縄では書店に並んでいたとか。書店チェックにいかなくては(笑)


さて、ぼちぼち
2ndWE LOVE BASKETBALL で忙しくなりそうです。

たまっているレポ早くかかないと(汗)

Comment

- おやぢ

松山の紀伊国屋にも店頭に出てましたよ、立ち読みしました、買わなかった、がはは。
2009.06.12 Fri 21:14 URL [ Edit ]

Re: タイトルなし - M

私は2冊買いました。(1冊は手元に、1冊はすぐに読んでほしい人がいて)
個人的には 『指導者に伝えたいメッセージ』 がよかった。
近所の本屋さんに置いてありました。
技術を紹介する本は近所の本屋さんでも置いてありましたが、戦術の本は大型書店じゃないと、それも分厚い専門書でしかありませんでした。

これなら、指導者、監督不在(クラブチーム、サークルなど)のチームにも充分参考になるんじゃないかな。実はたくさんあるんですよね、そういうチーム。
2009.06.13 Sat 01:19 URL [ Edit ]

イメージは‥ - B

さすがはMさん、2冊買い。ありがとうございます。


> 個人的には 『指導者に伝えたいメッセージ』 がよかった。

コラムももっとまとめて書きたかったんですけどね。どこにも出てない新ネタ書いてますから。
ポジション別の1試合の走る距離とか。

> 技術を紹介する本は近所の本屋さんでも置いてありましたが、戦術の本は大型書店じゃないと、それも分厚い専門書でしかありませんでした。

そうなんです、意外に薄くてびっくり(笑) 
これならBB Life同様カバンに入れておいて持ち運びできますよね。


> これなら、指導者、監督不在(クラブチーム、サークルなど)のチームにも充分参考になるんじゃないかな。実はたくさんあるんですよね、そういうチーム。

そーそー。どんな人がこの本を見るか、というイメージは指導者がいないチームの選手や、クラブチームのプレイヤーが開いて『これをやってみよう』と見ているイメージでした。

ケーススタディの残り時間と点差の関係も、けっこうその場になるとできないすチームや選手が多いと思います。
2009.06.13 Sat 02:58 URL [ Edit ]

平積み活動 - B

あら、消えてる‥

> おやぢさん

え~立ち読み終了ですか。そりゃおやじさんのコーチレベルでは必要ないでしょうが(笑)
嬢ちゃんたちには新鮮だったりして。

私も一昨日げっと。
こちらは、ちかくの書店にはなく明日大きな本屋行ってみます。そして、あったら
しれっと平積みにしてこようかと。

石川や、沖縄にもあるのに仙台ではなかったと。(売り切れなのか?)
ばら撒きかたがわかりませんねぇ。
2009.06.13 Sat 04:23 URL [ Edit ]

- おやぢ

いやいや、内容はすごく良かったですよ、ただしうちの嬢ちゃんらには無理、だって県大会出られないレベルだもん。
ちゃんと宣伝すればあの本は売れますよ、本当に必要な戦術本だから。おやぢは現在英語原書の技術本読んでます、こういう本も日本にはありませんねえ。
2009.06.13 Sat 21:42 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/136-cf879871
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.