Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

第2回 WE LOVE BASKETBALL■参加選手編■

2009.07.08
B@当日はようたとあんこの2人にヘルプを頼み、いろいろとお願いしました。
取材のダブルチームは鮮やかなコンビネーションでした。ありがとう。

・・・・・・・・・……★☆
ようた@Bさんのピンチヒッターです。

たくさんの人に支えられ、盛況に終わった「第2回 WE LOVE BASKETBALL」。
ここでイベントの詳細を2回にわたって写真で報告いたします!

当日、会場には地元ミニバス選手、保護者、たくさんのバスケファンの方々が
観戦に来てくれましたが
「イベントに参加していた選手のことを知りたい」
「ファンになったのだけど、これから試合を見に行きたい!」
というファンの声をたくさん聞くことができました。
そこで、イベント報告第1弾では参加選手たちのプロフィールを紹介します。

このイベントの詳細記事や選手のコメント&インタビューは
「Basketball Life夏号」(7月下旬発売号)で特集しますので、併せてお楽しみください。


■チーム協力

仙台89ERS
トヨタ自動車アルバルク

ユタ・バレー大学
柏リーブス
青山学院大学男子バスケットボール部
筑波大学男子バスケットボール部
白鴎大学男子バスケットボール部
中央大学男子バスケットボール部
立教大学男子バスケットボール部
流通経済大学附属柏高校男子バスケットボール部


集合写真
総勢14名の選手&コーチが参加。試合後は誰からともなく「楽しかったぁ!」の声が飛んだ。


志村
■キャプテン 志村 雄彦(しむら・たけひこ)
仙台89ERS/160㎝/PG
WE LOVE BASKETBALL のキーパーソン。
160㎝の身長ながら、強気のゲームメイクでコートを支配する。
仙台高校時代はウインターカップ2連覇の立役者となり、
慶應義塾大時代は45年ぶりにインカレ制覇へと導き、そのキャプテンシーはもはや“伝説”。
JBL東芝ブレイブサンダースで活躍後、昨年ドラフト1位でbj仙台89ERSへ移籍。
観る者のハートをわしづかみにする魂のこもったプレイを披露する。


たくま
■コーチ 伊藤 拓摩(いとう・たくま)
トヨタ自動車アルバルク アシスタントコーチ
三重県鈴鹿市立創徳中→モントロス・クリスチャン高→Virginia Commonwealth University
(VCU CAAカンファレンス)。
「より高いレベルで、広い世界を経験したい」と高校から海外に飛び込んだ。
多くの経験を持ち帰り、今シーズンよりJBLでのコーチングに生かす。
弟は同じくモントロス・クリスチャン高からポートランド大に進んだ伊藤大司。


慎子明日実
女性プレイヤーとして華を添えてくれた2人。高校&WJBLで日本一経験者!!!

■大野 慎子(おおの・しんこ=右)
柏リーブス(元JOMOサンフラワーズ)/162㎝/G
鶴鳴女子高(現鶴鳴学園長崎女子高)時代はインターハイ準優勝。
エバンスビル大では日本人初となるNCAAトーナメントに出場し
海外の大学でプレイする道を切り拓いた第一人者。運動量あふれるプレイは必見! 

■中山 明日実(なかやま・あすみ=左)
ユタバレー大4年/160㎝/PG
児玉中、中村学園女子高を全国制覇に導いたリード力抜群のガード。
現在は海を渡り、アメリカの大学で活躍する。
キュートな笑顔の裏には、負けず嫌い根性が備わっている。


渡辺橋本
学生界をリードする青山学院大のガードコンビ

■渡邉 裕規(わたなべ・ひろのり=右)
青山学院大4年/180㎝/PG
名門・青山学院大を束ねる司令塔。
強気なゲームメイクと、勝負所で決まる華麗な3ポイントが武器。
今年は日本学生選抜(李相栢杯出場)のキャプテンを務めた。

■橋本 竜馬(はしもと・りょうま=左)
青山学院大3年/178㎝/PG
今年度、日本学生選抜代表。
アグレッシブなディフェンスと速攻でチームに勢いを与える肝っ玉の座ったガード。
国士舘大・吉満俊孝とは、百道中~福岡大附大濠高での先輩後輩の間柄。


よっしー
■吉満 俊孝(よしみつ・としたか)
国士舘大4年/173㎝/SG
国士舘大のキャプテン。昨年は「WE LOVE BASKETBALL」に出場したあと運気急上昇!
インカレでは度肝を抜く3ポイントを連発し、準優勝の原動力となった。
リハビリ中の今回は、プレイはできなくともコーチとして“魂”の参加。


佐々木鹿野
今シーズンより関東1部に復帰した筑波大コンビ

■鹿野 洵生(かの・じゅんき=右)
筑波大4年/193㎝/F
関東大学界きってのスラムダンカー。
高い身体能力を生かして、オールラウンドにプレイする。
昨年の関東リーグの入替戦では、チームを勢いづける活躍で1部昇格に貢献。

■佐々木 瑛(ささき・ひかる=左)
筑波大4年/185㎝/SG
仙台が生んだピュアシューター。
東北学院高時代はU-18代表に選ばれ、筑波大では勝負強いシューターとして活躍。
正確無比な3ポイントシュートにご注目。


千葉
■千葉 慎也(ちば・しんや)
白鴎大4年/189㎝/C
関東大学リーグでメキメキ頭角を現している白鴎大のキャプテン。
春の関東トーナメントでは、大躍進の5位となる原動力に。
小柄なセンターながら、気迫あふれるリバウンドと体を張ったプレイで貢献。


アビブ
■トゥーレイ・アビブ
白鴎大1年/200㎝/C
関東大学界のスーパールーキーfromセネガル。
出るか必殺ダンク!しなやかでバネのあるプレイに大注目!
5位となった春の関東トーナメントでは、リバウンド王を獲得した。


大貴浄
高校時代、名将・佐藤久夫先生の指導を受けた3人。「俺たち久夫ファミリー」(志村隊長)

■小野 大貴(おの・だいき=右)
中央大1年/188㎝/SF
中央大期待のルーキー。
どこからでも巧みに得点を取り、どこからともなく現れてリバウンドをもぎ取り、
ブロックショットで窮地を救い、ボール運びまでこなす“コートの何でも屋”。

■菅原 浄(すがわら・じょう=左)
立教大1年/180㎝/SG
現在、関東大学リーグで急成長中の立教大期待のルーキー。
豊富な運動量でコートを駆け回り、アグレッシブなドライブインを得意とする。
明成高時代は中央大・小野大貴とともに、国体準優勝に貢献。


ゆっきー
■矢代 雪次郎(やしろ・ゆきじろう)
流通経済大学附属柏高3年/174㎝/G
地元・千葉県松戸市出身の高校生。
今、巷を騒がせている「スラムダンク奨学金3期生」として合格した注目株。
強気なプレイが魅力のガードで、今後の活躍が期待される。


そして、ハーフタイムショーでは……
昨年に引き続き、フリースタイラーのTAMA&DAIがフォーマンスを披露!

たま


Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/155-75236fad

-

管理人の承認後に表示されます
2016.12.02 Fri 13:43
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.