Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋号予告。

2009.10.20
さてさて、10月も後半。
Basketball Life 秋号も、発行間近です。

前回お話しなかったページをご紹介します。

BB-L_6号_


今回の特集は、
私の駆け出し時代2

延岡学園 北郷純一郎コーチ
福岡第一高校 井手口孝コーチのお2人に
お話をうかがっています。

例年九州の覇を競い合う両チームですが、昨年の埼玉そして今年の大阪IHでは
決勝で顔を会わせています。国体はともに敗れましたが、12月のWCでは間違いなく
注目を集めるチームの一つでしょう。

また、意外にもお二方とも以前女子のチームを見ていた経験があるのも同じ。
前回ご登場いただいた明成・佐藤久夫先生もそうですね。

今回原稿にしてない部分なんですが、井手口コーチの

「どんな条件下であっても、あきらめないで一生懸命やっていれば、それを見ていて、助けてくれる人がいます。かつては体育館も使えなかったのですが、今は2面コートを毎日使える環境にあります。学校の中で環境を変えられるぐらいの何か、意欲と情熱みたいなものが必要ではないでしょうか」

というアドバイスが心に残っています。

なぜかというと、私のコーチ時代も体育館が使えなくて(男子は名門チームですが、女子は私たちの代で作ったので実績がなかったからです)、もっぱら普段はトレーニングルームとランニング・バルコニーでやっていました。通称・ランバル部(笑) と呼ばれてました。
週末はいろんなチームとの武者修行に出ていて、そこで当時女子の高校を見ていた大学生の井手口コーチと対戦したこともあるんですよ。

もちろん授業優先でしたから、体育館があいていても全員集まらないとできないし、私は選手たちが来たらすぐ練習できるようにモップがけしてコートで待っていました。

それを男子の監督さん(今は亡き細島監督)が見ていて、男子の練習が一区切りすると、上で走っている私たちにコートを使っていいよと声をかけてくれたことを思い出します。

by B

このシリーズ、指導者でもある私にとっても、すごく貴重なお話なんですが、
心を動かされるのは、駆け出し時代のコーチの方たちが「人を介して」「人と会って」、勉強されていることです。
今はバスケットの指導に関する本やDVDもたくさん出版されているし、クリニックや教室なども開かれていて、そういう意味で勉強するチャンスは確実に増えていると思うのですが、やっぱり、直接誰かに接していくというのはすごく・・・「力」になるんだなあ、ということがうかがえます。



続いて
トキめき新潟国体から、少年男子をREPORT。
学生時代から続けて、記者暦ン十年のBさん、その眼が捉えた熱い瞬間の数々が、誌面から浮かび上がります。要所で拾い上げる選手の声、監督のコメントがまた・・・、

・・・自分が毎回この仕事をしていて役得だなと思うのは、一番最初の読者になれるってことなんですけどね(笑)

いいんですよこれが!!
やっぱいいなバスケ!って思っちゃうよ。

・・・すみません、そんな感じのページです。
これを読むと、2ヵ月後に迫った高校選抜、ウィンターカップが俄然楽しみになってきますよー。



前回お休みをいただいたWe Love Basketball(人物編)は
千葉県内にある市立中学の先生をご紹介します。

この仕事(この言い方、2回目ですね)=季刊誌の発行 をする前から、お話を伺いたいなと思っていた人のひとり。今回、取材をダシ(!)にお話が聞けたので・・・これも役得だったかも。

それでも、なかなかYESがもらえなかったんですよー。「いいよ、俺なんか」と拒否され(涙)
記事を書いている最中も、いつダメが出るかとヒヤヒヤしてました・・・が、もうだいじょうぶ。かな?(笑) (今頃印刷にまわってるはずですし)

私としましては、扉(表紙の次)のページと合わせて読んでいただけたらなと思います。


おしえて!みなみ先生 から、今回は
勝つための食事 を

食欲の秋、スポーツの秋です。しっかり食べて、しっかり走る!ための食事について、わかりやすく教えてくれます。・・・じん帯や軟骨を強くするには? さて、何を食べればいいでしょう? このページを見ればわかります。

毎回各地のバスケとおいしいものを紹介する BUBU’S EYE は、
新潟特集です。

今年国体が行われた新潟、選手・役員に配られたお弁当の中身(さすが新潟、と思えるものが)から、意外と名高いB級グルメまで、しっかりチェック!(笑)

*このページと、新潟国体のページはブログ、トキめき新潟国体と連動しています。双方でお楽しみください。

by M

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/185-da8a4a23
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。