Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春号つれづれ 1

2010.05.11
Mです。
お元気ですか、みなさん。

昨日の夜中にやっと原稿を入れました。
今日はもうよれよれです。
(なんて書くと、担当のIさんに「まだだよっ!」と叱られそうですが)

前々回の秋号で初めて、「人に話を聞いて記事を書く」ということをやって、今回が2度目。特集ページで対談だったこともあって、なんだか、自分の中で大変なことになりました。



人に話を聞いて
それを記事にして
みんなに読んでもらうのって
こんな大変なことだったのか と

仮にも編集長の私がこんなことを言うのはすごく不謹慎だと思いますけど
それが今の気持ちです。



気持ちの中身をちょっと話してみていいですか(笑)


あの、
人の人生に触れちゃうんだな、ってことでした。
すごく感じたのは。
触れちゃうの。生き方とか、「気」がこっちに来ちゃう。
(だめ? わかりづらい?)

受け取るんです。
受け取ってしまう。
こんなにもらっちゃった、どうしよう、ってなるの。


もらっておいて、出さなかったら、
その・・・死んじゃうような感じがするんです。出せなかったものが。
せっかく大事にもらったのに、自分がぽろぽろこぼしちゃったら
えらいことになる。
それが危機感みたいになって、だから、自分も全部の力を使わないと見合わない。

力って言っても、充分にあるわけじゃないです。
だから余計、全部を総動員しないと。


そんな感じでした。

・・・変な言い方になったかな。



何回も同じ人に会いに行ったり
あちこち写真を撮りに行ったり
初めての人と話したり

そのたびに、「温度」をもらった気がします。
ぬくもりとか、熱さとか、そういうものです。

帰りの車の中では必ず、
がんばらなきゃな、という気になるんですけど
そのときの自分は、ちゃんと、温かいんですよね。
人からもらった温かさです。



こういうもんかあ。

あらためて
自分のやっていることが、
自分のためにいいことだったんだな、と思います。


読んでくださるみなさんにとっても、「いいこと」になるといいんですけど・・・。



記事に書けなかったことと
感じたことをもう少し、続けますね。


by M

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/226-69b0b905
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。