Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

今日、学校で

2010.10.24
Mです。
寒くなりましたね。みなさんお元気ですか?

Basketabll Life秋号、やっと校正が終わり、週明けから印刷工程に入る予定です。

予告はちょっと次回にまわして、

今日、学校で、
小さなお別れ会がありました。
3月を待たずに兵庫県に帰ってしまう中学3年生の男の子、
その子のために、午前中の練習時間に、ささやかな会をしたんです。

朝7時30分に集合して、男子は会場設営、女子は調理室でゼリー作り(女バスの得技です)。
1~3年男女+保護者 50個以上のゼリーを40分で冷蔵庫に収め、
9時には全員が体育館に集合して、開式の言葉を聞きました。

つい2ヶ月前に最後の総体を終え、「引退」をした3年生、
ちょっと照れくさそうにしながらアップをして、女子、男子、前後半を交互に、現役の1,2年生と試合をしました。男女顧問の先生が現役ベンチと審判に入られ、私は3年生のベンチを預かりました。

「身体が動かないかも」と苦笑いの3年でしたが、
「だいじょうぶ。身体が覚えていることをすればいいのよ」と送り出すと

たしかに息は上がっていましたが(笑)、

でもやっぱり、すごいもんだなと思うのですが

不思議と身体が動くんですよね。
バスケットをするんです。

ファンブルも、シュートミスもするんですけど

こう、

目が「バスケット」なの。




みんな、いい目をしていたなあ。



汗をにじませた顔でベンチに戻る子たちに、指示を出すと
「はい!」と うれしそうに声をそろえ
またコートに散って


・・・現役のときは
こんな風にできなかったな、と思うんです。

もっと葛藤があって、もっと苦しくて
今よりもう少し、
遠かったような気がする。

みんなとの距離が。






3年男子は6人なので、5人がコートに出ると、残りのひとりはベンチで私とふたりになります。
少しずつ交代して、ひとりずつ代わる代わる私の横に座って、一緒にコートを眺めました。
ずっと出しておいたその子を最後のクォーターで引っ込めて
「今日、この試合の中で、一番何をしたい?」と聞いてみました。

その子は、ええっと・・・としばらく考え、
ひとつの答えを出しました。




何を言ったかは秘密です。

考えが決まったあとすぐにタイムアウトを取り、
コートにその子を戻すことにして
ほかの4人にその子のやりたいことを伝え
残りの時間のすべてをそのことに費やすよう指示しました。

その時点で10点以上リードしていましたが
さらに点差は開き
最後は・・・何点だったかな。



その子はその間、1本もシュートを打ちませんでした。
最後の最後に打ったジャンプショットも外れた。




それがその子のすべてだったかは
私にはわかりませんが
試合はとにかくそれで終わり。

その後、
男子部員からの出し物があって、
顧問の先生方と、私から話をして


何人かの保護者の方たちに見守られ
会は慎ましく閉会しました。




中学生という年代は

なんて純粋で
拙いのかと

学校というところは
そうか、
私が思う以上に
温かい場所なんだなということを
あらためて思ったひとときでした。


午後のバレー部がもう、体育館の外に待機していたので
昇降口に移動して
みんなでゼリーを食べて解散しました。




私は教員じゃないので
こういう場面には、そうそういられるわけではありません。
たまたま外部コーチという身の上で、
たまたまいられただけの話です。



だからかしら、
その場所にいられたことが
すごいことだなあと 思いました。

その瞬間に立ち会える、ってことがね。
すごいなあ、と・・・。




いつも、個人的な話ですみません。
次回、秋号の予告がてら、
もうちょっとお付き合い願います。


by M

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/263-65863a3f
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.