Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

夢と目標

2011.01.13
Mです。
ここのところ、ぐっと冷え込んできた関東地方。みなさまのまわりはいかがですか?

この時期の外練はもうほんとに寒くて(泣)
去年までは、子どもたちに悪いと思ってベンチコートを着ないようにしていたのですが、
今年は考えを変えました。

コーチが寒さに震えて情けなさそうに立っていたら、
選手が安心して練習できない。

そう思うことに。

(これをご都合主義といいます)


今日の外練は、
まだ地面に霜の残りが見え隠れする外コートで

子どもたちは化繊の学校ジャージ(どう見ても暖かそうじゃない)、
それを途中で腕まくりなんかしながら
大声を出し、ランニングメニューをこなしていました。
寒さで鼻の頭と頬を赤く染めて。


ああ、かわいいなあ、と思いながら
眺めていました。

ベンチコートを着込んで。
霜のかけらを踏みながら。





去年の暮れ、例年どおり子どもたちと一緒にウインターカップ観戦に、
女子の最終戦と表彰式を見に行ったのですが、その帰り。
宿題を出したんです。

私がお手伝いしている市では、冬にホームタウン杯という名の市内大会と1年生大会が続いてあるのですが、
その大会を想定し、

どのチームとどの段階(1回戦とか、準決勝とか、決勝とか)で対戦し、
何対何で 勝利するか(勝つ想定)、
勝ったとき、みんなどんな風にしているか
「想像して」、バスケットノートに書いてくる。



ちょうどその日から練習が休みに入ることと、
休みの間に年明けを迎える、その華やかで新しい雰囲気にのって
いい夢を見よう、という感覚で

そんな宿題を設定しました。

東京体育館を背にして、
学校ジャージにマフラーの子どもたちが
うれしそうに、「はい!」と答えてね、

うちは全然、強いチームじゃないんですけど

夢を見るのは自由ですから



ただ夢は、目標に代わりえる題材ですから

目標になった瞬間に
道ができたりしますから



そうしたら
歩いていくことも可能になりますから



だから夢は

見ることが大切なんです。




年明けの練習で、ノートを回収しました。

もうね、指導者のみなさん、これ、お勧めします。
百万本の花束をもらうよりも
幸せな気分になれます。

こんな風に思ってるのかあ、
なんてこともわかって
その子の心にちょっと近づけた気になれるの。

それは何にも換えがたい心境です。




今日実は、そのホームタウン杯の組み合わせ会議があって、
顧問の先生はそちらに出席、先生のくじ運を祈りつつ(笑)、留守を預かる外練でした。

最後の集合で、私は私の想定した試合を発表して(その約束でした)、
明日には、みんなが描いたひとつひとつの理想の試合をプリントに集めて配ります。




そこに何の意味があるかは
追って教えていくつもりです。

これでも美大でデザインの分野を学んだ身ですから
想像と創造の連携
イメージからクリエイティブへのつながりを
中学生にもわかる表現で伝える自信はあるんです。


これが勝利につながるかは別として(笑)

生きていくには知っておいて損はないと思うのでね。

バスケットで教えようと思っています。



・・・明日また登場できるかな?

冬号の準備について、ちょっとずつ公表していこうと思っています。
週末行われるクリニックを取材させていただく予定です。

by M

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/275-60bc5a49
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.