Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

変われるか 1

2011.02.06
Mです。
少し前から雨が降り出しています。
ここのところずーーーっと、乾燥していたので、なんだかほっとしますね。

みなさん、お変わりないですか?

昨日やっとテープ起こしが終わりました。
A4で計19枚。1枚に1600文字だったから、えーっと・・・(まあいいや)
記録した写真とメモ、ダビングしていただいたビデオを見返しながら
本格的な作業に入るところです。

やっと言葉が少しずつ降りてきたので、なんとかやれそう。
私自身もちょっとほっとしています。





私が中学の外部コーチとしてお手伝いしている市では今、ホームタウン杯という名の冬季大会が行われています。
うちのチームは不覚にも1回戦負けを喫してしまい・・・
しばらくは自分が精神的に切り替えができないで、
とはいっても練習はしなくちゃいけないし、で
心が路頭に迷ったような感じになっていました。


が、
さっきふと、
原稿をまとめようと取り掛かったときに、
ぽとんと頭に落ちてきたものが


あ、そっか、と

これでいいんだ、っていうことがあって
それで、全部がわかったような気がして

思わず携帯に手が伸び、
また顧問の先生にお電話するところでした。


・・・が、やめました。
今日は午前中練習した後、午後は審判に出られたのでお疲れかと、
日曜日だし。

私は性格的につい、何かを思いつくと浮かれてすぐメールしたり電話したりする癖が

先方の都合も考えずに
(たぶん、一番の被害を被っているのは顧問の先生だと思いますm(__)m)

最近はなるべく、少し間をおいて考えてから、にしているのですが・・・(これでも)


特集の取材をしていなかったら、思いつかなかったこと
ずっと課題として自分の中にあったこと
取材をしていなかったら、たぶん、
こうは結論づけられなかったな、と思うことがあって

でもそのことを先生にお話するのは、
明日放課後の練習で、お会いできたらにします。



それで、
その冬季大会なんですが、
昨日、最終日を待たずに先生たちの懇親会があって、私も図々しく参加させていただいてきました。

こちらで発行している『Basketball Life』は、何人かの先生も読んでくださっていて、
そのことでお声をかけていただいて、うれしい限りでした。
休止のことでご心配いただいた先生も、
ありがとうございます。

たぶん、冬号を発行するころには
自分のスタンスをちゃんとお伝えできると
(また、そうできるように)
しっかりやっていきたいと思っています。


その懇親会では、図らずも今年初任の先生と若い指導者の先生がお隣にいらして
おふたりがあまりにも若いのでつい
「先がいっぱいあっていいなあ」と(笑)

今思えばすみません、そのときに、先生になりたくてなったんですか、と愚問をしたところなぜか
「Mコーチは何になろうとしたんですか」という話になり
(あれ、ちがったかな、夢はなんだったんですか、でしたっけ?)

それでお答えしたことは

私は美大を出てすぐ、結婚が決まっていたので
お母さんになるんだな、と思っていて
それで、自分の子どものためだけに、絵本を描いてあげようというのを
夢に思っていました。

自分の子どもを主人公にしたお話です。


でも、いざ育児が始まったらなかなかできなくて
ああいつか、と思っていたものの、いつのまにか娘も息子も成人していまや社会人に(笑)

ただ、そのことで思うのは
もしかしたら私は今、夢を実現しているんじゃないかなと

バスケットでお話を聞かせてあげているような錯覚を
あ、よその子に、ですが(笑)



おはなしの主人公は、あなただよ、と
言いたいのかも。


若い先生たちに、そんなことを再確認させていただきました。
同時に
ある詩人の言葉

夢は追いかけるものじゃない
引っぱっていくものだ

という一説を
思い出したところです。




*しばらく同じタイトルで登場します。
『変われるか』
今度の特集のテーマにしようと思っています。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/278-11be0a39
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.