Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

春です

2011.03.31
今日もいい天気。
Mです。

私がお手伝いに通う中学の敷地で、こぶしの花が咲きました。
菜の花もパンジーも風に揺れて
春だなあと感じます。

グラウンドでは野球部の子たちが
体育館に向かって歩く私にフェンス越しに、元気にあいさつをしてくれて

そのあたりから少しずつ、体育館の中の音が聞こえてくるんです。
デジタイマーのブザーの音と、子どもたちのかけ声です。




4年前の3月30日も、同じように体育館に向かって歩きながら、
今日で最後だ、と思っていました。

その年の2月の終わりに外部コーチとして教え始めた私でしたが、
4月から新しく来られる先生の中に、バスケットの指導をする先生がいらっしゃるとわかって、
もともとはそのとき指導できる人がいなくて、次の人が見つかるまでのつなぎ、ということでお引き受けしていたので、ああ、もういいんだな、と思って、あの日、

やめる気満々で、コートに向かったのでした。


その日の練習中、教頭先生が体育館に来られて
来れるときだけでいいから、つづけてほしいと言われました。
予想外のことで面食らって、断る理由が見つからず、
じゃあ、まあ・・・と
かなり消極的な返事で、つづけることになってしまい、

返事をしたあとで、まずいなあと・・
新しい先生に悪いなと、
たった少しの差でも、あとから入るんじゃやりにくくないかなと思って
夏の総体まで一緒にやらせてもらって、そこでやめようと決めました。
先生にもそのことを早々に伝えてあって、
市総体の女子の、1回戦の前日までそう思っていたのに
1回戦で、大差で負けたその日、気持ちがなぜか揺れ始め、
翌日男子も負けて、その夜には頭を抱えていました。

つづけたい、という気持ちがそのときにはもう
大きくなっていたんだと思います。
いまさら申し訳ないと思いながら
大会の最終日に会場に行って、先生にお会いし、


・・・


・・・うわー、また緊張してきた(笑)


思い出すたびに、な、なにから話せば・・・とカチコチになりながら
(息が止まりそうでした)しゃべったことがよみがえります。

ほんとうに、申し訳ありません。先生。




もしできるなら、つづけさせてほしいとお願いして

それで、
今の私がいます。
季刊誌を出した私と、イベントをやった私、どちらもその翌年のことです。

バスケットを教える立場じゃなかったら、
私にその居場所がなかったら、あんなに大きなエネルギーは出せなかったと思います。

ただバスケが好き、というだけでは、できなかった。
お願いにいったとき、先生が言ってくれたことの中で
すごく印象的な言葉があって
それをたぶん、この先も何度も思い出して、
私はそのことで行動に移すと思います。

それが、先生への恩返しになると思って、です。






イベント『WE LOVE BASKETBALL』では、
志村選手に助けられました。

2回めのことがすごく印象深いのですが、あのとき、Bさんが準備の途中で倒れて
目の前が真っ暗になってしまい、志村選手にSOSを出したんです。
前日、チームの練習を終えて、新幹線で、夜遅く我が家に来てくれて

あの時は、主人や息子たち、男同志でなんだか話が盛り上がりながら、私には、「だいじょうぶ、なんとかなりますよ!」と言うんです。(うそだ)と内心思いながら、でもその言葉はたしか・・・、
イベントが無事に終わって、夜の新幹線でまた仙台に帰る、ほんの30分ほどの時間、懇親会に付き合ってくれて、

その開口一番が、「ほらね! なんとかなったでしょ??(笑)」って。
あの、明るい、勝ち誇ったような顔で。

それはたしか、初めて会った日に聞いた言葉です。
どんな逆境になっても、「なんとかなる」と思って、進むんだと
親から受け継いだ血だと笑っていました。

今もそうやって、
彼なりの生き方で、進んでいるんだろうなと思います。



それから、一緒にやってきたせいで、これまできちんと公に表す機会がありませんでしたが、
この季刊誌とイベントの実現に、大きな力をくれたBさんに
感謝の気持ちを伝えたいです。
2つの実現に道筋がついたのは、Bさんの存在があってこそのことでした。

季刊誌を購読してくださった方や、イベントに参加、協力してくだった方の中には
Bさんを通じて知ってくださった方が多く、
その方たちには、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しばらくここに姿を見せないBさんですが、
私からお伝えできることは、手術とリハビリで、まだ入院中ということです。
いずれまた戻ってきてくれると思いますので、
それまでどうぞ、楽しみにお待ちください。




・・・また長く話してしまいました(苦笑)。

みなさまにとって、今日はどんな日になるのでしょう。
「また明日」と、笑って言える日でありますように。

by M

Comment

- masa.

春はまた出会いの季節
新一年が楽しみですね。
神奈川で中学女子の外部指導者しています。

とても共感がもてたのでコメントしちゃいましたm(_ _)m
2011.04.14 Thu 11:53 URL [ Edit ]

相互リンクのお願い - タケ

はじめまして。

「あなたがバスケットボールで全国大会に出られない理由」
http://basketball-reason.seesaa.net/
管理人のタケと申します。

今回は相互リンクのお願いに書き込みさせていただきました。
まだまだ至らぬところばかりのサイトですが、たくさんの方に見ていただきたいと思っております。
ぜひ当ブログをご覧いただいたうえで、相互リンクをご承諾いただければとても嬉しく思います。

どうかご検討をよろしくお願いいたします。

なお、こちらからは既にリンクさせていただきました。
この書き込みが失礼でしたら削除をお願いいたします。
2011.04.19 Tue 23:47 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/287-560e9366
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.