Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

IH初出場(取材日記1) 7/29

2011.08.05
7月29日 初めて肌で実感したバスケの街・能代

7月29日、能代市はもちろん東北地方に初めて足を踏み入れました。

能代駅

初めに、自己紹介を。

東海大で東海スポーツ編集部という学生スポーツ紙を作っています。
小学生からバスケットを始め、よくBUBUさんが僕を紹介するときの決まり文句が
「21歳の大学2年生(笑)」というのもPTの専門学校を中退後、以前から志していた
バスケライターを目指し、1年間勉強して大学に入り直したからです。


今回は(取材)初出場のインターハイを日記風にレポートすることになりました。
ということで、初のインターハイ取材を通じて感じたこと、バスケの街・能代が
どのようなところなのかを伝えていきたいと思います。


横浜から高速バスで約12時間の道のりを経て能代市へ。バスを駅前で降りると
「な、何もない」
が第一印象でした。コンビニも、ご飯を食べるようなところもない。
しかし、店のシャッターにはバスケの絵。
街灯がバスケのリングとボールの形をしたものもあり、バスケの街に来たと実感しました。

IMG3994IMG3995



能代駅でピックアップしてもらい、能代市総合体育館へ。
まず僕の注目試合が第2試合の東海大三対洛南。昨年のインターハイでは藤枝明誠、能代工と
強豪チームを次々と倒し、長野県勢初のベスト4に進出した東海大三。

その時のメンバーがごっそり抜けた布陣で臨みました。
一方の洛南は昨年は前橋育英に敗戦し初戦敗退。昨年の成績は対照的なチームの対戦です。

結果は89-52で洛南の勝利。でも東海大三は持ち味のディフェンスは健在で、
最後までボールを追い続けました。
「ノーマークのシュートを決めないときつい。けどよく頑張った」
と、東海大三・入野コーチは選手の奮闘を称えていました。

P7290004


その後は能代山本スポーツリゾートセンタ-、通称アリナスへ。
この会場は冷房設備がなく、縦に長いコートの配置でした。選手と応援の熱で暑く…。
この会場では東洋大京北対福岡大附大濠の注目カードはありましたが、
福島商対新潟商、正智深谷対尽誠学園の試合は、最後まで勝敗がわからない熱い熱い戦いでした。


特に10年ぶり出場の福島商は、粘りが持ち味のチーム。粘りの元祖ともいえる新潟商に挑戦しました。
終始シーソーゲームで両チーム粘り合いが続き、残り11秒で福島商#4山岸玲太がスリーを沈め、
75-74と逆転するも、終了間際に再逆転を許し敗れました。

「私も選手もインターハイは初めて。勝負のあやは常連チームのほうが強かった。
県内でも大差の試合で、接戦の試合を経験できなかった」と福島商・水野慎也コーチ。

東日本大震災の影響で約1か月も練習ができない状況も。試合後コーチの息子でもある水野優斗は
試合後ミーティングに参加できないほどの号泣。試合中にボール追う姿もさることながら、
その姿は印象的でした。

P7310069


この日の晩ごはんは某高校のコーチやコーチ、選手のご家族とご一緒させていただきました。
ちなみに自分は3姉妹のうち一番上の子がかわいいと思います(笑)

IMG_2476


宿舎は、能代市在住の家にホームステイです。
学生のフトコロではホテルに泊まるには金銭的にも厳しく、
BUBUさんの知り合いの方に、バスケットつながりという縁で頼みこんでもらい、
快諾をいただいたのです。

「能代市は娯楽がない。バスケを見るしかないんだよ」
と、お母さんが教えてくれました。
バスケを見慣れている能代市民は“最強のバスケファン”だと感じました。
さらに今年の能代工についてもきっぱり。息子さんがバスケをしていただけに、さすがの一言でした。

高速バスに乗っていた疲れもあり、この日は早く就寝しました。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/297-243a0138
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.