Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

3×3日本選手権プレ大会 「3バイ3とは?」

2014.01.05
カテゴリーに新しく、3×3(3バイ3)を追加しました。


男子準々決勝の取材の前に、代々木第二体育館で行われている
3x3 JAPAN CHAMPIONSHIPS PRE-TOURNAMENTに行ってきました。
時間の都合があったので、「3×3とは何か」をわかりやすく語れる
3×3に詳しい人が参加チームいないか、写真を撮りながら体育館内をぐるり。


CIMG3145.jpg
スリーポイントシュートは、3×3では2点になります。


CIMG3117.jpg

ドライブなど、普通のシュートは1点。
3x3 JAPAN CHAMPIONSHIPS PRE-TOURNAMENT公式サイト



おーっと、いました、いました(笑)

RONMENS(神奈川県代表)には、日体大~JAL~エバラヴィッキーズでプレイしていた吉田沙織さんを発見!

父はかつて大東大OBでガードながらダンクも披露していたダンカー、妹はJXの闘志あふれるガード吉田亜沙美さんと、
ご存知バスケット一家の長女。


早速、声をかけてチームにも取材を快諾してもらい、まずはトリコロールのかわいいユニフォームをパチリ。

CIMG3136.jpg


直前には、代々木第一体育館に行って、AJ女子・準々決勝におもむいて妹のプレイをみてきたばかり。


BB 3×3を始めたきっかけは?
吉田 今は神奈川でプレイしています。去年の夏にALL DAYでRONMENSが優勝して、その枠で
SOMECITYのエキシビジョンマッチに推薦出場しました。その時、のこのことやりたーいとついていっただけなんです。
だから、本当は3×3は今回でまだ2回目です。

BB そうなんだ。初めてやった時の感覚の違いはあった? 
吉田 初めてやった時は、全然感覚がまだわからなくて。でも、今日やってみたら攻防の切り替えをいかに早くやるかが勝負かな、って。
相手がシュートを打って、自分の味方がリバウンドを取るだろうと思ったら、最短距離でスリーポイントラインに下がって受けるのを早く探して、
早く受ける展開を作ったほうが勝ちかな、と思いました。


オールコートのプレイをする時も、リバウンドを取ってからガードはアウトレットバスを受けるための動きを求められるのでそこに似てるかなと思いました。
フルコートのバスケットとはまた違った楽しさがありますね、私からしたら。
スリーポイントも入って2点、普通のシュートは1点しかカウントされないんですよ。

BB スリーも2点なんだ。恥ずかしながら、基本的なことは何も知らずにきたんだけど。
いったい何分でやるの? 
吉田 10分流しで、基本的に21点先に得点したら勝ち。でも、取れて15点くらいですね。
21点取るにはすごい頑張らないと取れない。21点って、いやらしいところに設定されているなぁと思います(笑)
クリアできるかギリギリのラインですね。




CIMG3129.jpg


チーム代表の佐藤さんにも話をうかがいました。
BB では、RONMENS代表の佐藤さんにお伺いします。チームを創設されたのはいつですか?
佐藤 今年で10周年を迎えます。

BB 歴史があるチームなんですね。そのきっかけは?
佐藤 きっかけは、昔からの友達で、みんな学生を終えて楽しくバスケットをやりたいね、と声をかけて集まりました。

BB 練習はどこで?
佐藤 地元の中学校の体育館を借りて。練習は週1でずっとやっている感じです

BB 新しい味方(吉田さん)はどうでしょう?
佐藤 びっくりするくらい頼りになる新入りです(笑) でっかい顔してます!

BB やはり(笑)?
佐藤 してもらって助かってます。

BB 3×3の魅力ってなんでしょう?
佐藤 なんだろうね。
仲間 コートが広いから、個人のパフォーマンスが出せること。
佐藤 確かに。自由に楽しめる。

BB 普段、試合はこういうイベントに積極的に出ているんですか?
佐藤 5年前くらいからALL DAYとか、この大会も初代と2回目は出ているので。


BB 大会を通じて仲よくなることもあるんですか?
佐藤 そうですね。ストリートで出会った人たちが他の地区にいたりして、けっこう顔見知りになります。

BB わかりました。ありがとうございます。これからも頑張ってください。
ユニフォームもトリコロールがかわいいですよね。
佐藤 これは、創設時にすぐ作ったものの公式戦でずっと使えなくて、ストリートでしか使わないユニフォームです。



CIMG3158.jpg

審判のウエアは、選手に負けず劣らず目立っている真っ赤か。
代表して、審判界のイケメンホープ2人でございます


さて、ラストは勉族
実は、勉族代表のぬまは、まだぬまがK大の学生時代にCOLLEGE HOTLINEによく投稿してくれて、卒業してからもK大の後輩たちが3部リーグのレポートをしてくれたりしてたんですよね。それと、Basketball LifeのWE LOVE BASKETBALLイベントでも、本当は第1回の時に勉族に参加を打診していましたが、大会とかぶってしまって残念ながら実現しなかったという経緯もあります。

なので、ぬまと会ったのは学生以来かな? お互いの近況と名刺交換をしてから本題に入ります(笑)


CIMG3154.jpg


BB ぬまとはCOLLEGE HOTLINE以来ですね。
勉族ぬま もう僕も34歳ですからね(笑) 12年たってますから。

BB 勉族の歴史は古いよね?
勉族ぬま 11年です。

BB 勉族には最初にチーム訪問しようかとか、WE LOVE Basketballに出てもらおうとか話があったんだけど、スケジュールの都合で駄目で、ようやくここで出会うとは(笑)
勉族ぬま はいはい、それは聞いてました。


BB 11年前に創設したきっかけは?
勉族ぬま 地元・柏の連中4人(ぬま、子安、水野、秋元)で3on3とかの始まりみたいな感じです 。


BB それで試合に出るようになったと。
勉族ぬま その4人で2年間くらいは3on3の試合を年間300試合はやりました。まずは慣れようということで。


BB 勉族といえば、もう草分け的なレジェンドチームだよね。
勉族ぬま 2年間で500試合やりましたから。毎週土日は試合のようなもんでしたね。
あらゆるところに顔を出して。当時、ネットの文化なんて今ほど発達していませんから、口コミで聞いたり、
専門誌の情報で知って、すぐ申し込んだりしてました。

3年後に大会で優勝してアメリカに行ったんですよ。レイカーズが主催する3on3の大会で。
2年連続でアメリカに行かしてもらって、まじ美味しかったです(笑)
そのころには、メンバーも増え始めましたね。4人から10人以上になりました。


BB アメリカには何人で?
勉族ぬま 5人です。1年、2年とも5人で、応援団も自費で5人くらいついていって。
優勝した人たちは無料です。

BB そのくらいにはかなり有名になった?
勉族ぬま いやいや。その次に個人でREJENDとかSOMECITYとかストリートのリーグをやっているんですけど、
あれに出始めて、ずっとやっているうちに…有名というわけでもないんですが。


BB いや、有名でしょ。そっち系に弱い私でも知ってるんだから。ぬままだやってるんだ、って。
勉族ぬま あんまり実感はないんですけどね。いくところいくところで皆さんが声かけてくれたり、
挨拶とかしてもらって、交流はさせてもらっているのはすごく感じますね。ありがたい話で。


BB 今は何人ぐらい?
勉族ぬま 勉族でクラブチームの登録とかはしていなかったんですよ。今年度からクラブ登録するようになって、
登録しているのは10人です。他のクラブでやっているのも10人くらいいるので、男子は20~30人くらいはいるかもしれないです。
女子は10人くらいですかね。この大会にも出てて、女子はこういう試合しか呼ばないです。
クラブ登録もしてないし、チームとしてはありません。

BB マサみたいに結婚しちゃうカップルもいるわけだ?
勉族ぬま マサはこの前まで実業団でやっていたから、千葉に帰ってきて黒田もいるので知り合いだったので呼んできてくれました。
それで一緒にやっています。
誰でもウエルカム的にやっています。一緒にやらせてくださいという人がいたら、来ていいよって雰囲気で。


BB 3×3の魅力とは? フルコートとどう違うんでしょう?
勉族ぬま 僕らが立ち上げた当時の3on3と、今の3×3では全然ルールが違います。


BB そうみたいだね?
勉族ぬま 今の3×3はゴールが入ったら、その場からスタートするのでよりスピーディなんです。
3on3は、一度ボールをトップにあげて、ディフェンスがボールにワンタッチしてからスタートでした。
3×3は12秒クロックとかもあるから、こっちのほうがやたら体力使うし大変だと思います。

BB なるほど。
勉族ぬま それが売りなのかな。サッカーのフットサルみたいな感覚になって裾野が広がってくれればいいと思います。
僕、千葉県の3×3の代表もやっているんですよ。

BB 偉くなったねぇ(笑)
勉族ぬま ありがたい話で。だから千葉県でも参加させてもらっています。
今年から3×3も日本協会で力を入れていくということで、これからより盛り上がっていくんじゃないでしょうか。

BB より身近になるといいよね。まだ3×3という言葉自体が浸透していないし。
勉族ぬま これから予選もやっていくと思います。この間、全国の代表が集まって五反田で会議もありました。
北海道から沖縄まで全員が集まって、こういうのやっていくから話を聞いて、各県で盛り上げてくれって。


BB ほぉ。
勉族ぬま まだ選手たちでもルールを把握していない人が多いので、大変かもしれませんがやっちゃえばなんとかなります。


BB さっき吉田さんに話を聞いた時は、アウトレットバスの感覚でスリーポイントラインの外に出るのがポイントだと。
勉族ぬま さすがは吉田さん。その通りです。

チャイニーズタイペイとアメリカが3×3の試合をやったんですよ。そうしたら、チャイニーズタイペイが勝ったそうです。
スリーポイントが2点で、ゴール下は1点だから、2点は倍だから重いんですよね。
アメリカはインサイドがめちゃくちゃ強いんだけど、チャイニーズタイペイのスリーが半端なくは入ったらしいです。
だから、番狂わせが起こる可能性があると思います。しかもボールが男子も6号ボールなんで勝手がちよっと違う。

BB なるほどね。ということはスリーポイントが決まれば、日本人にとっては有利かもしれないわけだ。
勉族ぬま そうですね。



勉族のことをもっと知りたい人はこちら↓3×3プレ日本選手権のことにも触れられていますよ。
勉族ぬまの部屋




なお、翌日の決勝トーナメントで、偶然か必然か、男子は勉族、女子はRONMENSが優勝を果たしました。
ご協力ありがとうございました。そして、おめでとうございます。


BUBU

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/336-81734b13
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.