Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド・オブ・ドリームス 3~つばめグリルで

2008.07.16
イベントの方のメイキングを主にお伝えするつもりのこのシリーズですが、
大事なことをひとつ、先にお話させてくださいね。

このブログの副題でもある、『明るい未来計画』、
その重要な方の意味について。



Bさんのことです。




Bさんと出会ったのは、2005年、千葉でインターハイがあった年です。
息子とネットを通じて知り合うことになりました。

そこからお付き合いが始まり、体育館でお会いしたり、メールや、ときにはうちに遊びに来てくれたりで、バスケットに関するいろいろな話を聞いていくうちに、

私、

すごいなぁ、って、思っちゃったんですよね。



何がすごいって、
「見てきたものの情報の量」です。

圧倒されるのは、知っている量ではなく、
それをその眼で見た、という事実の量の方で、


これはね、

例えば、どこかのチームが、誰かの指揮により、苦難の末、全国制覇を成し遂げた、
ということのすごさとはまた、全然違うすごさで


バスケットボール、というものを外から眺めたとき、
チームがあって、そこにプレーヤーという生き方があり、指揮官がいてそこに、指導者で生きるという生き方が、それを支える、という点でトレーナーや、スポーツメーカーの存在などがあって、応援する人がまわりにいて、観戦を楽しむ人がいて・・・、
と考えていくなかで、



「伝える」という職業の人たち、


その人たちの存在がね、
私にとって、ものすごく大きな意味を持ち始めたんですよね。





もともと私も、(プロフィールにもありますが)、美大の出(笑)、グラフィックデザインという分野をかじってきた人間ですので、伝達することの醍醐味、のようなものには明るかったんです。

Bさんとおしゃべりする中で聞くバスケットの話はどれも興味深く、いつも思っていたのは、
私ひとりで聞くにはもったいない、という思いでした(笑)




もうほんとに。

へー、と思うことが満載で。


もちろん、それを職業にしているBさんだから、仕事としてのその場所が確かにあるんですけど、
それだけじゃほんとに、もったいないじゃん!!と思う気持ちが募っていて、
あるとき、うちのパパさんに相談しましてね、

ここでなぜかパパさんが登場するんですけど、

それはおいおい話すとして、




Bさんが隠し持っているはずの(笑)、まだ公の場に出されていない、バスケットのとっておきの話を引き出すのに、機関誌みたいなものが出せないかと企てて、勝手に「明るい未来計画」と名づけ、ふたりでBさんをランチにお誘いしたんです。

あとでBさんが、「明るい未来ランチ」と呼ぶことになるその場所は、Bさん指定の、「つばめグリル」。




その1年後、

前日にbj仙台89ERSへの入団が決まった志村さんと私が、初めてお会いする場所です。





卵から雛が、
空を低く飛ぶつばめ
季節が変わることを知らせてくれる
幸福の鳥です。




さて、
イベントの話に戻りますね。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/41-018b4440
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。