Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

関東リーグ“入替戦に行こう”6

2008.10.29
あっ~~~っという間に1週間がたってしまいました。
いまさらですが、入替戦2日目。

最初のドッキリは慶應。なぜかスターターの登録が間違っていたのか、小林ではなく神田がラインナップ。こんな時は、えてして雰囲気が悪くなるもんですが、当の小林は笑ってメンバーチェンジの席へ。開始早々の交代で、ことは大きくなりませんでした。

慶應にリーチがかかっているため、さすがに大東大にも火がつきます。エド、石原、兵庫らで食らいつく。しかし、この日も酒井の投入でスティール、ブロックショット、速攻と大暴れ。流れが慶應に傾きます。大東大にイージーミスが見られ、ジワジワと引き離されてしまいました。田上、小林らフォワード陣も安定した力を発揮し、要所を鈴木が締める形で2戦で決着がつきました。



大祐のジャンパー~エドのジャンパー~二ノ宮のアシスト~大祐





2Qラスト。慶應大鈴木のリバウンドから二ノ宮


28日体大眞庭ケガ


一方、日体大-筑波大は日体大が一矢報いて3戦目にもつれこむ形となりました。
そのきっかけは上の写真。開始25秒で、日体大キャプテンの眞庭がドライブの際にももかんとなってベンチへ。試合の突破口は不思議なもの。得点源であるエースがいなくなったことで、頼る人がいなくなりボールがよく回り、センター陣も奮起。さらに、ディフェンスで赤石、堀田らのしつこいディフェンスからのブレイクで尻上がりに日体大ペースになりました。







勢いづいて、日体大応援団も本来の応援を始めます。
ベンチで手当てをして戦況を見つめる眞庭にとっては、おそらく複雑な心境だったことでしょう。
目の前で展開されているバスケットこそが本来の日体大の全員バスケットボールでしたから。




日体大応援“のってけ日体”

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/71-afdff4c7
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.