Basketball Life

バスケットに生きる、バスケットで生きる

●Home |  ●News & Topics |  ●Magazine & Goods |  ●from M |  ●from B |  ●About Us |  ●Contact | 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WC12/27 勝利の方程式

2008.12.27
B@やはりこの試合しかありません。

明成-第一1

明成-福岡第一戦です。メインコートにふさわしい試合でした。
明日から明成が体育館にいないことが残念です。でもまた仙台に戻って、AJ(オールジャパン)でカテゴリーの異なる相手にどう戦うか仕切りなおしてくることでしょう。


明成応援席
試合前、OBが座れないくらい明成応援席は満員状態。緊張感が高まります。


starter

さらにテンションマックスだったのは、明成です。アップを終えてコートに入ってきたときの顔つきからして#10佐藤文哉の全身からオーラが立ち上っていました。


勝負の大勢を決めるのは、立ち上がり、エンディング、3Qのあたま。後手を踏む前に先手必勝とばかりに、でだしから明成の集中力は凄まじかった。

jimii

昨年のWC準決勝では、インサイドに強い第一#7ジミーの外角を捨てたことが大きな要素なりました。今日は全力で阻止ばかりりの気迫。

明成は#6石川海斗、#8菅原浄、#9小野大貴、#10佐藤文哉、#14新妻一輝と3G2Fのラインナップ。国体同様、いきなり一輝のスリーから打ちはじめた攻めの姿勢。ディフェンスでは浄が第一#10ビィラをブロックショット。


大貴が中央突破のドライブ、海斗、文哉のスリー、浄と4分で10-3とリード。第一は#6狩野のスリー1本のみでミスが続き、タイムアウト。狩野を中心に立て直してきます。ビィラがバレーボールのクイックのようなブロックショットを連発しますが、ひるみません。#12菊地大、#13畠山俊樹の2年がコートに送りだされ、大はリバウンドに食らいつき、俊樹は1Qラストでブザーピータースリーを沈め、ガッツポーズでべンチに戻ってきます。25-17とリード。


sono

2Q、第一はマンツーマンから2-3ゾーンに切り替えます。ビィラのリバウンド、#13園、#9和田のジャンパーと2年が後押し、25-27と追撃体勢に。

明成はとらえられそうになりながらも、大貴から一輝のハイロー、大貴のスリーで逆転を許しません。
5分、今度は明成がディフェンスを変えます。襲い掛かるようなディフェンスを見せる#16我妻典明を投入、マンツーマンで仕掛けます。もちろん、我妻のマッチアップは狩野。一転狩野の姿が見えなくなりました。さらにオフェンスでは一輝のジャンパー、文哉の連続スリーで40-29とこの試合最大11点リードを奪います。


yuusuke

第一タイムアウト。逆に、第一はマンツーマンに戻し、玉井を海斗にマッチアップさせてきました。
明成の狩野へのマークマンが変わると、俄然狩野もヒートアップ。スリー、ジャンパーとエースは息を吹き返し、残り1分には39-40と迫ります。明成のエース、海斗も黙ってはいません。第一がフリースローで逆転の機を逃している間に連続ゴールで44-39として、ハーフタイム。


「“IH、国体、そしてWCと勝ってないまま終わっていいのか!”とハーフに先生に言われました」(狩野)

IHでは、決勝でチャンスを逃し、国体では九州枠が一つのため、出場権を宮崎との予選決勝での逸した。第一にとってはもはやあとがない。


joe

後半開始早々、明成は浄がハイポストからのジャンパーを決めたものの第一はジミーがセカンドショット、玉井がえぐるようなドライブと続き、さらにビィラのダンク、狩野のアシストからビィラのゴール下でようやく同点に持ち込む。しかし、すぐさま浄再びジャンパーを沈め、逆転を許さない。第一は何度もチャンスの場面をフリースローの失敗や、みずからのミスでつぶしてしまう。せめぎあいが続く。

明成は、インサイドでのルーズボール、リバウンドでアドバンテージを渡してしまい、苦戦をしいられてしまう。ディフェンスの踏ん張りでしのぐしかない。狩野にベースラインを抜かれた次の瞬間、一輝がカバーしてのブロックショットを浴びせる。3Qラスト、狩野がブザーピータースリーを決めて、59オールと4回目の同点となる。


kaito

kaito2

いよいよ、泣いても笑ってもあと10分。これがおそらく高校最後の試合となる10分になるかもしれない。両チームベンチ、応援団の父兄たちは一様に思い浮かべた、と明かしています。


粘って粘ってそのリードを続けていた明成だったが、ついにそれを明け渡す時がきた。再三放つスリーが入らない。崩して崩してずれを作って、ドライブあるいはノーマーク状態を作り出してここまできたのに、焦りもあったのだろう。かなり早いタイミングのシュートチャンスを選択、ことごとくシュートはリングを弾かれた。明成は、ここぞとばかりに狩野の連続スリーで2分で逆転。さらに
和田も続き3Pラッシュで明成を引き離しにかかる。




benchi



karino


shugou


★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★━━…‥・‥…━━★
全部書き上げたのに消えてしまいました。ああショック‥
また書き直しますがまたもやタイムアップ。


Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://2008bblife.blog43.fc2.com/tb.php/91-80a3fd4c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©Basketball Life All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。